≪韓国ドラマNOW≫「それでも僕らは走り続ける」13話、イム・シワン(ZE:A))がシン・セギョンに積極的に気持ちを伝える=あらすじ・ネタバレ


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

27日に放送されたJTBCドラマ「それでも僕らは走り続ける」13話では、ソンギョム(イム・シワン(ZE:A))とミジュ(シン・セギョン)は別れるのをやめてしばらく時間をもつことする様子が描かれた。

関係に問題が起きると本能的に逃げてきたミジュは、自分を失うのが怖いから終わらせると言ったが、ソンギョムは「少し時間をもとう。僕にそのくらいの礼儀は守ってよ」と状況をひっくり返そうとしたのだった。

こうして付き合うでもなく、別れるでもない状態で、ソンギョムとミジュはお互いに対する思いにふけた。ソンギョムは、この全てが自分のせいだとばかり思っていた。無理に勝ち抜くのも、週末に休んでもいいと言ったミジュを思い浮かべながら、我慢しようと頑張らずにずっとミジュを思い続けた。

ウンビ(リュ・アベル)からソンギョムが逃げない人だと聞いたミジュは、自分さえ避けなければ解決できる問題だと気づいた。しかしソンギョムへの気持ち自体が欲だと思って、勇気を出せなかった。特に恋愛では“回避型”になるミジュにとって、こうして時間をもつことはとても不慣れで難しいことだった。

二人はダナ(スヨン(少女時代))の誕生日パーティーで偶然会った。ソンギョムはミジュに自分が来ることを分かっていたらここに来たのかと聞いた。ミジュは答えを避けた。不安がるソンギョムには、沈黙は来なかったはずだという答えだと思えた。そしてミジュをぎゅっと抱きしめたソンギョムは別れたくないという気持ちを込めて「ただ、僕を好きになってくれるのはダメ? 」と切願した。

WOW!Korea提供

2021.01.28

blank