「コラム」『愛の不時着』のヒョンビンが国王を演じたらどうなる?

『王の涙 イ・サンの決断』で正祖(チョンジョ)を演じたヒョンビン

日本でも大ブームを巻き起こしている『愛の不時着』で北朝鮮の将校を演じているのがヒョンビンだ。彼はかつて映画『王の涙 イ・サンの決断』でとても印象的な演技を披露していた。

正祖に成りきっていた
ヒョンビンが主演した映画『王の涙 イ・サンの決断』は2014年に公開されていた。
この映画は、朝鮮王朝の22代王・正祖(チョンジョ)を描いている。彼は「あえて正祖を描いた他の作品を見ようとしませんでした」と語った。
それは、自分なりに新しい正祖を演じたいと思ったからだ。
ヒョンビンはこう述べた。
「困難な時代に正祖は、かならず生きなければならないし、自分の政権を守らなければならなかったのです。それだけに、映画ではこれまでにない緊迫した正祖をお見せしたいと思いました」
そして、ヒョンビンは何を考えたのか。
「脚本を何度も読むと、正祖は自分の命を守るために、苦しい環境の中で鍛練を続け、すさまじい生き方をしたのではないかと考えました」


その結果、ヒョンビンがしたことは?
さらに、彼が言う。
「からだを鍛えました。とにかく、徹底的に鍛えました」
映画の中でのヒョンビンの筋骨隆々ぶりが凄い。
まさに、凄まじい執念でヒョンビンは演じきった。
実際、映画を見ると、ヒョンビンは本当に強い正祖に成りきっていた。
そのイメージは、彼が『愛の不時着』で演じた北朝鮮の将校の強さと優しさをどこまでも彷彿させた。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)
提供:韓流テスギ
http://tesugi.com/

 

ヒョンビン主演の『アルハンブラ宮殿の思い出』が面白い!

優れた洞察力を持った俳優ヒョンビン

韓国の芸能界はこんなにも大変だ!

韓国において地上波のドラマでなくケーブルテレビのドラマの特徴は?

韓国ドラマの現在の制作環境はどのようになっているか

2021.01.28

blank