映画『藁にもすがる獣たち』チョン・ウソン本編映像&画像解禁

日本の傑作犯罪小説を韓国最強のスタッフ&キャスト陣が映画化!閲覧注意!保証人にだけはなっちゃダメ!!
藁にもすがるチョン・ウソンが激詰めされる本編映像が解禁!

この度、日本の犯罪小説を韓国最強のスタッフ&キャスト陣で映画化した、原題『지푸라기라도 잡고 싶은 짐승들(英題:BEASTS CLAWING AT STRAWS)』が邦題『藁にもすがる獣たち』として2月19日(金)より待望の日本公開が決定し、この度、チョン・ウソンが取り立て屋にめちゃくちゃ詰められている本編映像と画像が解禁された。

原作は曽根圭介による犯罪小説「藁にもすがる獣たち」(講談社文庫)。金に取り憑かれ、欲望をむき出しにした人々が激しくぶつかり合う様を描いた本作を、マ・ドンソク主演で日本でも好評を博した『犯罪都市』『悪人伝』の製作陣が韓国映画界を代表する豪華キャストにより映画化!

自らの過去を清算しようとする女に『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ映画祭主演女優賞に輝く“カンヌの女王”チョン・ドヨン、恋人が残した借金に苦しむ男に『アシュラ』『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾った男を『スウィンダラーズ』のペ・ソンウが演じるほか、『王宮の夜鬼』のチョン・マンシク、『MASTER/マスター』のチン・ギョン、『コンフィデンシャル/共助』のシン・ヒョンビン、『感染家族』のチョン・ガラム、さらに『ハウスメイド』で国内の賞を総なめにし、A24が手掛ける最新作『ミナリ』で世界中の映画賞を席巻中の国民的女優ユン・ヨジョンらが集結!

 

【動画】保証人はダメ、絶対!『藁にもすがる獣たち』特別映像|2021.2.19(金)公開

大金を巡って二転三転する予測不能の展開が観客を魅了し、本国では興行収入ランキング初登場第1位を記録!ここに新たなクライム・サスペンスの傑作が誕生しました!
そして、この度「藁にもすがる獣たち」の1人であるチョン・ウソン演じるテヨンが借金取りからめちゃくちゃ詰められる鳥肌ものの本編シーンが解禁された。

妙に距離が近くボディタッチも多い取立て屋。最初は優しそうな言葉遣いで話すも、払えないことを言い訳とともにテヨンが話すと、絶妙な間を取り急激なキャラ変。ほんと、人を怖がらせる天才ですね。しまいには、支払日の延長を提示した上で、「今度返さなかったらそいつが取り立てに行く」と、悪い組織に絶対1人はいるやばい奴を紹介。

「はらわたが好きなんだ。魚でも人でも生で食うのが好きらしい」と、腕も首も鱗の刺青を入れた絶対に関わっちゃいけない無口な男を御指名。借金をしたのは自分ではないので、保証人になったがために絶体絶命のテヨン。果たしてテヨンは大金を手にしてこの地獄から這い上がることができるのか!?

(2ページに続く)

・俳優チョン・ウソン、ペ・ソンウの代役で「飛べ小川の竜」に途中参加の現場を公開

・【全文】“飲酒運転”俳優ペ・ソンウの代役にチョン・ウソン確定=SBSドラマ「飛べ小川の竜」

・「バラコラ」チュ・ジフン、「思う存分恋愛することを諦めてきた」…率直トークでデビュー秘話やチョン・ウソンとの酒飲みエピソードも公開!

・<トレンドブログ>俳優チョン・ウソン&イ・ジョンジェ、独歩的なビジュアル…立っているだけでグラビア

2021.01.26

blank