“ミュージカルデビュー11周年”キム・ジュンス、初作品「モーツァルト!」出演を断っていた理由とは?


韓国歌手キム・ジュンス(34)がミュージカルデビュー11周年を迎える。

20日午前放送された韓国TBS FM「キム・ギュリのプンダンプンダン」にキム・ジュンスがゲスト出演した。

来る26日でミュージカルデビュー11周年を迎えるキム・ジュンスは「昨年が10周年だったが、とても不思議だった」と心境を述べた。

初ミュージカルの舞台「モーツァルト! 」について彼は「最初は丁重にお断りしていた。当時、僕も大きな変化があって1年程の空白があった。さまざまなイシューにより、人前に出ることへの心配もあった。僕が独り立ちした際、公演や歌さえもうまく出来るか悩む時期だった。結局、新しいジャンルであるミュージカルをしようと思った」と明らかにした。

続けて「歌手がミュージカルに飛び込むことに対しての視線も負担になったが、(劇中の)『星から降る金』を聴いて、当時僕が感じていた苦しさを解く、僕の心を代弁する楽曲だと思った。僕がミュージカルの舞台で成功するかどうかの前に、僕が舞台上からこの歌を聴かせたいとの思いで勇気を出した」と伝えた。

WOW!Korea提供

  • キム・ジュンス、20日にTBSラジオ出演…生活や音楽など多方面について語る
  • キム・ジュンス、ラジオ放送出演予告…”1月20日、生放送で会いましょう”
  • キム・ジュンス、薄紫のニットでさわやかさアップ…“素敵な姿キャッチ”
  • キム・ジュンス、顎が外れそう…「ミストロット2」4回予告編公開(動画あり)
  • 2021.01.20

    blank