ジェフリー・D・ジョーンズ、「チャ・ウヌの顔見ると腹が痛い…細くてイケメン」


「執事部一体」でジェフリー・D・ジョーンズ もチャ・ウヌのルックスにびっくりして目を引いた。

17日放送されたSBS芸能「執事部一体」では、「執事部ロードウェイ」編に続き、ジェフリー・D・ジョーンズが出演した。

この日、お茶の間ミュージカルが予告された中で、イ・スンギとチャ・ジヨンは「風の丘を越えて/西便制」の「愛」で初めての舞台を飾った。チャ・ジヨンが最初に始め、雰囲気を捕らえた。続いてイ・スンギも太鼓を打ってリズムを取り、さらに音まで出した。初めて試みる太鼓と音を消化したイ・スンギ、チャ・ジヨンと一緒に短時間で真の兄妹のような相性の呼吸を完成した。

次は、チェ・ジョンウォンとキム・ドンヒョン、ヤン・セヒョン、チャ・ウヌの「シカゴ」の「All that jazz」が舞台を飾った。キム・ドンヒョンが足をくじいたが、これも致命的なセクシーさに変貌させた。チャ・ウヌは真剣に、ヤン・セヒョンはとげとげしさがあふれる姿で舞台をひきつけた。何よりもチェ・ジョンウォンのしっかりとした歌唱力で、これまで以上に熱い舞台を完成した。

次に、世界4大ミュージカルミュージカル界の名作「オペラ座の怪人」の魅惑的な舞台が用意された。キム・ソヒョンとシン・ソンロクが「Think Of me」を熱唱、特にキム・ソヒョンの天上の声が目立った。感心するほどの高音だった。

続いて、シン・ソンロクは「The phantom of the Opera」の舞台を一緒に構成し、デュエット舞台を完成した。その中に隠してきたミュージカル俳優ロクファントムの魅力を発散して、全員の歓呼させた。有終の美を飾るキム・ソヒョンのくらっとするような高音が感心を起こした。

舞台が恋しかった俳優と観客がすべて一つの席に集まって再び会える日を待ってときめきを伝えた。(2ページに続く)

 

ASTROチャ・ウヌ、スホが車にTT…「女神降臨」撮影ビハインドにファン騒然

・“努力は裏切らない” チャ・ウヌ、ビジュアルだけじゃない成長著しい演技力に話題沸騰!「女神降臨」

・≪韓国ドラマNOW≫「女神降臨」10話、ムン・ガヨンとチャ・ウヌ(ASTRO)がすれ違いばかりで険悪に=あらすじ・ネタバレ

・「ASTRO」チャ・ウヌ、漫画カフェの前で少女漫画から出てきたような非現実ビジュアル

2021.01.18

blank