イ・ジュンギ、上海での映画撮影を終えて帰国

201502131101777774_54dd5d7242c3e韓流俳優イ·ジュンギが、中国での映画撮影後、帰国した。

イ·ジュンギは去る12日自身のウェイボに「上海の撮影分を完了しました。イタリアに行きます。いい仕事をしました。みんな愛してるよ。(Finished of Shanghai's part〜!!let's go to Italy!You guys did a good job〜 ♡Love U all〜!)」という文と共に近況を報告した。

現在イ·ジュンギは映画「シチリア日光の下」の撮影中だ。 映画「シチリアの太陽の下で」は、中国・上海とイタリア・シチリアを行き来して、国境や地域を越えた感動的な愛をする男女の話を盛り込んだ作品。イ·ジュンギは男性主人公を引き受けた。

所属事務所によると、約40日間上海に滞在し、映画の撮影に邁進していたイ·ジュンギは12日に帰国してしばらくの時間を過ごした後、16日再びイタリアに発つ。イタリアで映画の残りの撮影分を終える予定である。

2015.02.13

blank