“未成年に性的暴行”コ・ヨンウク、SNS開設も翌日には非公開 「9年間、断絶された世の中と疎通したい」


未成年者を相次いで性的暴行、強制わいせつした容疑で実刑判決が下り服役した韓国ダンスグループ「Roo’Ra」の元メンバー コ・ヨンウクがSNS活動を開始した。

コ・ヨンウクは12日、新たに開設したInstagramを通して「このように再びあいさつするまで、長い時間が過ぎた」とし、「多くの方々が新型コロナウイルスによって苦しい時期」と投稿。

また「9年ちかく断絶された時間を送っていたが、ずっとこのまま生きるわけにいかない。これからは慎重に世の中と疎通し生きていこうと思う」とし、「まだまだ至らない人間だが、より良い人になれるよう努力して生きていく」と伝えた。

しかし翌日(13日)、韓国メディアによるとSNS開設からわずか1日でコ・ヨンウクはSNSを非公開に切り替えたことがわかった。

これを前に、コ・ヨンウクは2010年7月から約2年間で3人の未成年者を性的暴行、強制わいせつした容疑で懲役2年6か月、電子足輪3年、身元情報公開5年の刑が下された。ソウル南部刑務所に服役し、出所した際コ・ヨンウクは「収監期間、たくさん反省した。物議をかもし、申し訳ない」と謝罪していた。

WOW!Korea提供

  • “未成年に性的暴行”コ・ヨンウク、電子足輪外れる…身分公開は2020年まで
  • ”未成年に性的暴行”コ・ヨンウク、電子足輪は外れても烙印は永遠に…芸能界復帰は「事実上、不可能」
  • ”未成年に性的暴行”コ・ヨンウク、7月に3年満了で電子足輪が”オフ”
  • 未成年者へ性暴行のコ・ヨンウク、今月10日に出所…放送復帰は「暗雲」
  • 2020.11.13

    blank