俳優イ・ミンホ19禁「江南(カンナム)」再び1位へ

201501311049771205_54cc3511d742d
俳優イ·ミンホのチケットパワーに映画界が驚いている。ユ·ハ監督の3部作完結版「江南1970」(監督ユ·ハ)で初のスクリーンへの挑戦に出たイ・ミンホは休暇期間中19禁と組織暴力映画の興行という迷信を払いのけた。
映画館入場券統合コンピュータ·ネットワークによると、「江南1970」は、30日一日で、8万8,249人を動員して累積観客数145万3,864人で、逆走してボックスオフィス1位を占めた。
去る21日封切り後ずっと興行トップを走っていた「江南」は、ユン·ジェギュン監督の映画「国際市場」に前日より低かったが、再度1位にお躍り出て底力を見せた。

「江南(カンナム)1970」は青少年観覧不可等の扱いに加えユ・ハ監督特有の暴力が乱舞する男性映画であるのに、このように興行に成功できたのは韓流スターイ・ミンホの役割が功を奏したということが映画界の分析だ。
今回の映画を通して初めてスクリーン デビューし、トップ主演までなした イ・ミンホはTVだけでなく映画でも強大なチケットパワーの力を実証して今後より一層期待させている。

2015.01.31

blank