Big HitグローバルCEO、米国ハーバード大学で語る…”第2のBTSはありえない。真心とアイデンティティは複製できない”

グループBTS(防弾少年団)の所属事務所Big Hitエンターテインメントのユン・ソクジュングローバルCEO(最高経営責任者)が、米国ハーバード大学での講義で「第2のBTSはいないと思う」と強調した。

ユンCEOは2日(現地時間)、ハーバードビジネススクールの「エンターテイメント、メディアとスポーツビジネス」のオンライン講義で160人の学生にBig Hitの成功要因とビジネス戦略などを説明した。

講義でユンCEOは「BTSの真心とアイデンティティは複製できないので、"第2のBTS"は存在しない」と述べた。

またこの日、教科担当のアニータ・エルバース教授と学生は、BTSの成功要因とBig Hitのアーティスト育成システムなどについて討論した。

続いてBTSのファン「ARMY」については、「BTSの話を直接コンテンツにして伝播する、他のエンターテイナーや運動選手からも見つけることができない存在」と分析した。

一方、ユンCEOはBig Hitの今後の戦略について、「今の時代に必要なコミュニケーション方法の研究に集中している」として、「10年後を見据えて私たちだけが提供できるコンテンツとサービスを継続して披露する計画だ」と伝えた。

  • BTS(防弾少年団)、感嘆を呼ぶビジュアル…トレンディでスタイリッシュなスポーツルック
  • 「嵐」、“K-POPのルーツはジャニーズ”発言に非難集中…「BTS」にも言及
  • 「BTS(防弾少年団)」 RM、リーダーの登場…VからJIMINまで少しずつベールを脱ぐ「BE」
  • 「BTS(防弾少年団)」ジミン×V、同じアイテムを持ったセカンドポスターを公開
  • 2020.11.04

    blank