≪韓国ドラマNOW≫「ペントハウス」3話、キム・ヒョンス、キム・ソヨンに「入試に不正があったのでは」と抗議も警察行きに


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

キム・ヒョンスがキム・ソヨンを訪ね、チョンア芸術高校に入試に不正があると抗議した。

2日に韓国で放送されたSBS月火ドラマ「ペントハウス」ではペ・ロナ(キム・ヒョンス)がチョン・ソジン(キム・ソヨン)に会いに行き、チョンア芸術高校の入試の不正を抗議した。

カン・マリ(シン・ウンギョン)はユ・ジェニ(チン・ジヒ)の合格を祝い、プラカードを学校の正門に掲げた。カン・マリは「実力もない子をなぜチョンア芸術高校に送ろうとするのか」と皮肉った。オ・ユンヒ(S.E.S.のユジン)は「これは何か間違っている。ジェニのような子が受かり、うちのロナが落ちたなんてとんでもない」と述べた。これにカン・マリは「合格者の中に孤児がいると聞いた。誰が知っているのか。その子にお金を一束持ってきたら譲歩できるのでは? 」と挑発した。

(2ページに続く)

・キム・スノク作家のドラマ「ペントハウス」、序盤から10%台の視聴率…“ベテラン”イム・ソンハン&ムン・ヨンナムも後を継ぐか

・≪韓国ドラマNOW≫「ペントハウス」2話、キム・ソヨンとオム・ギジュンの密会現場をチョ・スミンが目撃する

・≪韓国ドラマNOW≫「ペントハウス」1話、キム・ソヨンとユジン(S.E.S.)の過去の血まみれの戦いについて明かされる

・ユジン(S.E.S.)、SBSドラマ「ペントハウス」で”16歳娘”の母親役 「家では6歳の娘のママ、最初はぎこちなかった」

2020.11.02

blank