コン・ユXパク・ボゴムの「徐福」、韓国映画ブロマンスヒットの法則を引き継ぐか

俳優コン・ユとパク・ボゴムの特別な同行を描いた映画「徐福(原題)」が、韓国映画のブロマンスヒットの法則を継続することができるだろうか。

12月に韓国で公開される「徐福」は、人類最初のクローン人間“ソボク(徐福)”を極秘裏に移動させる生涯最後の任務を引き受けることになった情報局要員“キホン”が、“ソボク”を狙う色々な勢力の追跡の中で特別な同行をしながら予期できない状況にまきこまれていく話を描いている。

韓国映画で初めてクローン人間を素材で扱った「徐福」は、2012年に「建築学概論」を通じて初恋シンドロームを起こした“感性演出職人”イ・ヨンジュ監督と、韓国映画界代表する制作スタッフが意気投合して、今まで見たことのない新鮮なキャラクターとストーリーの感性ブロマンスを見せる。 独歩的なヒットの保証小切手と言われるコン・ユが、生涯最後の任務を引き受けた元情報局要員“キホン”で、大韓民国代表青春スターパク・ボゴムが人類最初のクローン人間“ソボク”に扮して、特別な同行を広げる。

映画「徐福」は、12月に韓国全国の劇場で会うことができる。

 

  • コン・ユ×パク・ボゴム、最強タッグ&深い余韻を残すブロマンスで期待を集める…映画「徐福」
  • コン・ユ、田舎町に溶け込む優しい笑顔…“ほっこりビジュアル”公開
  • コン・ユ、「徐福」で情報局要員に変身…5連続ヒットにチャレンジ
  • 「徐福」コン・ユ、パク・ポゴムに“悪役”を勧めた理由?
  • 2020.10.31

    blank