≪韓国ドラマNOW≫「飛べ小川の竜」1話、クォン・サンウ演じる弁護士…スペックはないが正義感でいっぱい


※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

30日午後に初放送されたSBS「飛べ小川の竜」第1話でパク・テヨン(クォン・サンウ)とパク・サムス(ペ・ソンウ)が無念にも濡れ衣を着せられたサムジョン市殺人事件に関心を持った。

テヨンは国選弁護士として7年働きながら、受任料30万ウォンを受け取った。テヨンは司法史上初の再審を覆して無罪の被告人を無罪に導いている。高卒の弁護士としてテヨンは熱い関心を受けることになる。

サムスはテヨンを訪ねてインタビューを要請したが、テヨンはサムスを無視した。サムスは静かにテヨンの事務室を去った。

サムスは新入りの記者イ・ユギョン(キム・ジュヒョン)と一緒にカンヌン(江陵)で父親を殺した少女を取材するために発った。カンヌンに到着したユギョンとサムスは加害者の少女チョン・ミョンヒが通う中学校に向かった。サムスはユギョンに取材を押し付けた。

テヨンの事務室には納得がいかない事情を抱えた貧しい依頼者たちが集まった。融資返済の催促に苦しむテヨンは金の多い依頼人を捜そうと努めている。高卒だということが明らかにされ、お金の多い依頼人の訴訟も途絶え、より一層困難となった。

ユギョンとサムスはチョン・ミョンヒとおばあさんが住んでいる家まで訪ねて行った。チョン・ミョンヒのおばあさんは事件当時、酒に酔った父親がおじいさんを殺そうとするのを止めて、殺人を犯したと告白した。

(2ページに続く)

 

  • 【フォト】俳優クォン・サンウ&ペ・ソンウら、ドラマ「飛べ小川の竜」のオンライン制作発表会に出席
  • 「公式的立場」クォン・サンウ、15年前の賭博疑惑に“事実でない。とんでもない話”
  • 女優ソン・テヨン、夫クォン・サンウが見惚れた寝る前の美貌に娘の口づけ攻撃を公開
  • Rain(ピ)、クォン・サンウと“妻一筋”バトルを展開…「妻のキム・テヒと朝晩チューをしている」と告白
  • 2020.10.31

    blank