「青春の記録」シン・ドンミ、共演のパク・ボゴムや特別出演のパク・ソジュンについて語る

女優シン・ドンミが、「青春の記録」で9年ぶりに再会したパク・ボゴムへの称賛を惜しまなかった。
28日午後、ソウル市カンナム(江南)区のカフェでtvN「青春の記録」の放送終了のインタビューが行われた。
シン・ドンミは、9年ぶりに会ったパク・ボゴムとの思い出に浸った。シン・ドンミは、「映画『最後まで行く』で一緒に撮影はしなかったが、撮影前に一緒にMTに行った。ふたりとも新人に近くお互いの思いが通じたので、パク・ボゴムがサ・ヘジュンでよかった。パク・ボゴムが私を喜んで迎えてくれた。私がもっと楽に演技することができた。私が何をしてもすべて受け止めてくれ、常に悩みながら本当に良い人だった。良い俳優だ。一度もイライラするのを見なかった」と述べた。

シン・ドンミはパク・ボゴムの明るいエネルギーをほめた。シン・ドンミは「軍隊に行く前にスケジュールが本当に多かった。目が充血していたにもかかわらず、何でもないように明るいエネルギーを発した。そんな明るいエネルギーがとても良く見えた。私とうまく合った。私をイ・ミンジェとして輝かせてくれてありがたかった」と感想を残した。

シン・ドンミはまた、「マネージャーの役なので、パク・ボゴムと車で撮影するシーンが多かった。パク・ボゴムと和音を付けて話したことを思い出す。監督や俳優たちとシーンでどのようにしたらいいと話したのも思い出だ」と明らかにした。
シン・ドンミは「青春の記録」に特別出演したパク・ソジュンとも特別なコンビを誇った。シン・ドンミは「パク・ソジュンは私と『彼女は綺麗だった』で一緒に撮影した。好きな俳優であり、待合室でサインをもらうシーンを最善を尽くして演技した。久しぶりにパク・ソジュンに会って面白かった」と当時について語った。

  • <トレンドブログ>女優シン・ドンミ、パク・ボゴムとのツーショットで「青春の記録」最終回のリアタイ視聴お願い
  • 女優シン・ドンミ、パク・ボゴム-イ・ジェウォンと親しい姿…“最後だなんて信じられない”
  • <トレンドブログ>パク・ソダム、女優シン・ドンミからのマスクストラップを自慢…愛くるしさ爆発
  • パク・ボゴム&シン・ドンミ、ふたりに何が起きたのか?「青春の記録」
  • 2020.10.28

    blank