「公式」イム・シワン&シン・セギョン「ラン・オン」、12月16日初放送確定…最強ビジュアルのティーザーポスター公開

「ラン・オン」が12月16日に初放送を確定しながら、イム・シワンとシン・セギョンのティーザーポスターを電撃公開し、繊細なロマンスの感性を待つ視聴者の趣向を狙い撃ちするドラマの開始を知らせた。
JTBC新水木ドラマ「ラン・オン」は、同じ韓国語を使いながらもコミュニケーションが困難な時代に、別の世界に住む人々がそれぞれの言語でコミュニケーションしながら関係を結び、愛に向かって「ラン・オン」するロマンスドラマだ。今日(28日)公開されたティーザーポスターは、イム・シワンとシン・セギョンの最強のヒーリングビジュアルとともに、快晴の秋空の下、お互いに向かって笑顔を浮かべたような彼らの微妙なときめきが盛りこまれた。

まず、短距離陸上選手「キ・ソンギョム」に扮したイム・シワンは、秋の空がもたらす青い光に明るい笑顔でこの上ないビジュアルを完成した。毎分毎秒が重要な陸上の世界で、100分の1秒差で勝敗が分かれる競争に精通している彼は、別のタイミングの世界に入り込む予定だ。
映画翻訳家オ・ミジュ役のシン・セギョンは、雰囲気女神のオーラを感じさせた。翻訳作業をするオ・ミジュが、あたたかく熟した秋の日差しと絶妙に調和して、どこでも見られなかった美しさが演出された。彼女は、すべての過程に焦点を当てなければならない生活を送っている。ひとつの言語を別の言語で読んで表現するのは、単に文字が持つ意味を伝える以上の意味を持つからだ。

こうして、異なる世界で生きるふたりが触れ合った視線と、その中に込められたあたたかい男女のロマンスは、「ラン・オン」の最大のポイントだ。それぞれ言語と速度が異なる世界に住むソンギョムとミジュが一緒に「いつ、どのよう話すのか」が重要な愛の過程を描いていく予定だ。制作サイドは「振り返って見た瞬間に敗北する陸上の世界に住む『キ・ソンギョム』と、同じシーンを何度も巻き戻しする翻訳の世界に住む『オ・ミジュ』が、清涼な秋空の下、お互いを見つめ始めた」というティーザーポスターの企画意図を伝え、「ある瞬間、相手の生活の中に入りこんだお互いの存在によって変化し始めるふたりの微細な変化、そのようにお互いに影響を受ける男女の美しい愛の物語『ラン・オン』に関心と期待をお願いする」と語った。
「ラン・オン」は、12月16日夜9時30分から韓国で初放送される。

  • イム・シワン&シン・セギョン主演ドラマ「ラン・オン」、シナリオリーディング現場
  • イム・シワン、休憩時間の過ごし方…”何探してるの?”(動画あり)
  • イム・シワン、新型コロナウィルス感染症陰性診断後に伝えた近況“肌キレイすぎ!”
  • 【トピック】イム・シワン&シン・セギョン、角度無視でもビジュアルカップル爆発な写真が話題
  • 2020.10.28

    blank