【時代劇が面白い】7男1女を育て82歳まで生きた貞明公主の人生!(歴史編)

裕福な大地主
難航した貞明公主の婿選びだが、時間をかけてようやく最適な相手が見つかった。
それが、高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)である。
洪柱元のほうが3歳年下だった。
当時、姉さん女房というのは珍しくなかった。花嫁のほうが花婿より年上というのは、よくあることだったのだ。
結婚後には、貞明公主と洪柱元は王宮のそばの豪華な屋敷に住んだ。
仁祖が大妃(テビ)である仁穆王后のご機嫌を取るために、貞明公主に破格の待遇を与えたからである。
おかげで、貞明公主は屋敷以外にも地方に広大な土地を所有する地主になった。
仁穆王后は娘の幸せを願いながら1632年に亡くなった。
その直後から仁祖が態度をガラリと変えて貞明公主につらく当たったのだが、貞明公主は辛抱強く耐えて洪柱元と幸せな結婚生活を送った。


貞明公主にとって大きかったのは、やはり裕福な大地主だったということだ。経済的な安定があったからこそ、彼女は7男1女を立派に育てることができたのだ。
そして、息子たちは相応に出世して家門を高めた。
1672年に洪柱元が66歳で世を去り、その13年後の1685年に貞明公主が亡くなった。享年82歳だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供:チャレソ
http://chaleso.com/

 

仁祖(インジョ)が貞明公主(チョンミョンコンジュ)を標的にした!

仁祖(インジョ)はなぜ光海君(クァンヘグン)に復讐したかったのか?

危機に陥ると何度も王宮から逃げ出していた仁祖!

仁祖(インジョ)と貞明公主(チョンミョンコンジュ)!確執の真相は?

悪夢の父子!仁祖(インジョ)と昭顕(ソヒョン)世子の確執

2020.10.22

blank