パク・ボゴムが泣くから「青春の記録」の視聴率爆発…パク・ソダムとの熱愛暴露に最高視聴率11.4%

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「青春の記録」でパク・ボゴムがひとり耐える涙が、視聴者の心まで濡らした。
20日に放送されたtvN月火ドラマ「青春の記録」14話の視聴率は、ケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォームで、首都圏基準平均9.6%と最高11.4%を記録して、地上波を含む全チャンネルの1位にランクした。全国基準は平均7.8%、最高9.3%で、ケーブルと総編を含む同時間帯1位を守った。tvNのターゲットである男女2049視聴率は、首都圏基準平均4.8%と最高5.5%、全国基準平均4.0%と最高4.4%で、地上波を含む全チャンネルの同時間帯1位を守り、好評を継続させた。(有料プラットフォームベース/ニールセンコリア提供)

この日の放送でサ・ヘジュン(パク・ボゴム)は、自身に近づいた危機と正面から対抗した。彼は自分を揺るがす危機の中でも周囲の人を守るための方策を選択し、負けずに現実を耐えぬいた。しかし、名誉毀損で告訴されたキム・スマン記者(ペ・ユンギョン)が、サ・ヘジュンとアン・ジョンハ(パク・ソダム)の熱愛を暴露したことで危機感は一層高まった。これに対して別れを告げるアン・ジョンハの姿は、切なさを呼び起こした。サ・ヘジュンは俳優になるという夢をかなえて大きな愛を受けるスターとなったが、彼には孤独な現実も一緒についてきた。危機の中でも信念を曲げなかったサ・ヘジュン。これ以上後のない彼が、どのような選択をするのか、結末に対する関心が高まっている。

(2ページに続く)

・俳優パク・ボゴム、ドラマ「青春の記録」で60秒涙の独白…軍入隊前に残した名演技

・パク・ボゴム、暗闇の中でもまぶしいビジュアル…目が離せない

・コン・ユ&パク・ボゴム主演映画「徐福」、12月に公開確定

・コン・ユ&パク・ボゴム、映画「徐福」のPRに乗り出す…胸キュン度をアップさせる圧倒的なタッグ感

2020.10.21

blank