歌手ユ・スンジュンに対する韓国入国禁止「立場変わらない」=兵務庁


韓国歌手ユ・スンジュンが、米国ロサンゼルス総領事館を相手に査証(ビザ)発給拒否処分取消訴訟を起こした件と関連し、兵務庁がユ・スンジュンの入国禁止は「維持しなければならない」との立場を明かした。

国会国防委員会所属「国民の力」のイ・チェイク議員は13日、ユ・スンジュンに対する入国禁止と関連した立場を問うと、兵務庁は「入国禁止は継続して維持しなければならない」と回答。

兵務庁は、ユ・スンジュン側が去る7日ロサンゼルス総領事館総領事を相手に「ビザ発給拒否処分を取り消してほしい」とした訴状で主張した内容に反発した。

これを前に、ユ・スンジュン側は「芸能人として、過去にした約束を守れなかっただけで、韓国安全保障などを理由に無期限の入国禁止措置を下し、18年7か月が経過した現在も同じ論理で(入国を)拒否するのは違法だ」と主張していた。

WOW!Korea提供

  • ”兵役逃れで国外追放”歌手ユ・スンジュン、「僕は生きている。とてもぴんぴんしている」
  • ”兵役逃れで国外追放”歌手ユ・スンジュン、米国で自主隔離15日目の近況報告
  • “兵役逃れで国外追放”歌手ユ・スンジュン、ビザ発給問題で勝訴
  • “兵役逃れで国外追放“歌手ユ・スンジュン、韓国入国に拘る理由明かす 「自分は韓国の血が流れる韓国人」
  • 2020.10.13

    blank