「AB6IX」デフィ、”音楽的に境界のないグループになりたい”


「AB6IX」が秋の少年になって帰ってきた。

「ザ・スター」誌10月号を通じて公開された今回の画報で「AB6IX」は、「AB6IX IN AUTUMN」をテーマに、誰よりも完璧なビジュアルを誇った。公開された画報の中で、メンバーたちは自由にポーズを取り、個人カットでは、カリスマあふれる表情でカメラを見つめて撮影会場を温かくした。

画報撮影後続いたインタビューでウジンは「久しぶりに『ザ・スター』にお会いできてうれしい。画報を見るとよく映っていて気持ちがいい」と楽しく話した。

ファンを狙撃する自分だけのチャームポイントを聞くと、ウンは「僕の声」とし、ドンヒョンは「多くの方々が耳にピアス穴が開いていると思っていらっしゃるが、実はその位置にほくろがある。ファンの心を狙撃するポイントではないかと思う」と笑って話した。

今後「AB6IX」はどんなアイドルで歌手、アーティストになりたいと思うかについてデフィは、「アイドルの枠ではなく、少し緩い、音楽的に境界がないグループになりたい」とし、ドンヒョンは「自己プロデュースをすることに重点を置き、今後も素晴らしい音楽を聞かせて差し上げたい」とした。

最後に、音楽を介して聞かせたい話について聞くと、ウジンは「人生の話、共感できる話など、さまざまな聞かせて差し上げたい」、デフィは「『僕たちは全員愛されて当然の大切な存在だ』という話をしてあげたい」と率直に話した。

「AB6IX」の気持ちがいっぱい手書きで込められた20pの特別カバー写真集と詳細インタビューはザ・スター10月号で、インタビュー映像はザ・スター公式YouTubeチャンネルで見ることができる。

「ザ・スター」10月号では、ソロアーティストとして生まれ変わったウォノの初の単独カバー写真集や俳優チ・ヒョヌの秋の魅力が詰まった写真集とインタビュー、歌手ヒョリンのミニマルなファッション画報など、様々なスターとスタイルに関する情報を確認することができる。

WOW!Korea提供

 

「バラコラ」「アイドルeスポーツ選手権」、宮脇咲良ら日本人メンバー5人出場! パク・ジフンが「チョジャン」ポーズ&イ・デフィ(AB6IX)が名言も

・AB6IX、ハ・ソンウンら、10月16日~25日開催『 KCON:TACT season 2 』1 次ラインナップを電撃公開!

・<トレンドブログ>「AB6IX」イ・デフィ、キューティ脱いでシックさぷんぷん…歴代級な反転魅力

・9/10からはAB6IXが登場『SUPER JUNIORのアイドルVSアイドル』

2020.10.09

blank