キム・ジュンス、ミュージカル「モーツァルト」オンライン公演の観客1万5000人記録…希望的成果

オンライン公演の有料化を試みたミュージカル「モーツァルト」が、観客1万5000人を記録した。制作会社EMKミュージカルカンパニーは、「3日と4日にNAVER V LIVEを通じて、チケットと関連商品販売1万2000件、団体販売3000件で1万5000人のオンライン観客を集めた」と述べた。チケットは3万3000ウォン(48時間VOD観覧)、商品と組み合わせたチケットは3万9000〜4万7000ウォンだった。セジョン(世宗)文化会館大劇場の客席が3000席であることを考えると成功的な実績だ。

2010年に世宗文化会館で初公開された後、今年で10周年を迎えた「モーツァルト」は、舞台公演の一部が不可能となり、オンライン有料化を試みた。新型コロナで映像化を試みた公演は多かったが、チケットを販売する方式はソウル芸術団の「失われた顔1895」(先月28日)とともに「モーツァルト」が最初に試みた。8月4日と5日、世宗文化会館で行われた10周年記念公演に合計9台のカメラを動員して撮影した音響は、オンライン公演のために新たにミキシングされた。

3日、俳優パク・ガンヒョン、4日キム・ジュンスの主演で上映されたオンライン公演に、ファンはリアルタイムで反応した。特にジュンスの公演に関心が高く、4日の「モーツァルト」は累積チャット件数13万を記録し、「いいね」620万個を獲得した。EMKのキム・ジウォン副代表は、「期待よりも多くの観客がオンライン公演を楽しんで希望的な成果」として、「技術的な部分を補完する場合、有料映像化市場が広がると思う」とした。「笑う男」「エクスカリバー」「マリー・アントワネット」などを制作したEMKは、様々な有料上映計画を持っている。

  • 音楽監督キム・ムンジョン、”キム・ジュンスは内的相棒でアートの同志。成長を見守るのも楽しかった”
  • キム・ジュンス、長い脚に視線集中…”放送を通じて歌うことができて感謝でした”
  • “ミュージカル界エース”キム・ジュンス、“ミスタートロット”イム・ヨンウンとの真剣対決で勝利!…「愛のコールセンター」
  • キム・ジュンス、イム・ヨンウンとの対決に期待「トロットマンと半年ぶりに再会」
  • 2020.10.06

    blank