コン・ユ、"映画「ソボク」での減量は、顔を変化さるため"

俳優コン・ユが、メンズ雑誌「GQ KOREA」10月号のカバーを飾った。
公開されたグラビアのコン・ユは、様々なスタイルのスーツを彼独自のカラーで着こなして風格ある姿と愉快な姿を披露した。
グラビアとともに行われたインタビューでは、映画「サスペクト 哀しき容疑者」について「実際、私が培ってきたフィルモグラフィーに対する愛情は本質的に同じですが、『容疑者』はしっかりとした流れのある作品でした。極限の状況まで自分を追い詰めた映画でしょう。これまで撮影した作品の中で、物理的に最も大変でした。減量をしながら、残酷で厳しく体を作ったので」と語った。

また、苦痛の末に訪れる何かがあるかという質問には、「物理的に困難な映画を撮るのは、苦難の連続です。それにこだわっていた理由は、素適な肉体美を見せるためではなく、キャラクターのための感情的な訓練に役立つからでした。その過程が、人物を表現するために半分以上を占めたと思います。画面を通じて、自分でも初めて見る私の見知らぬ表情を見ました」と振り返った。

続いて、クランクアップした映画「ソボク」での減量については「ダイエットをもう一度敢行した理由は、顔を変化させるためでした。ギホンという人物が健康な人ではないので、キャラクターの特性上、顔が疲れて見えなければなりませんでした。運動を並行するので顔の肉は落ち、筋肉量は増え、相対的にフィジカルがよくなりました。映画の中で、私はクローン人間ソボクを守り保護する役割です。ソボク役を演じたパク・ボゴムさんが思ったより骨格もよくて弱弱しくないです。そのような部分を計算して、私は体格を少し作りました」とキャラクターについて説明した。

  • ユン・ウネ&コン・ユ、13年ぶりのツーショット…「コーヒープリンス」青春ドキュメンタリーセルフPR
  • 【韓国映画特集】コン・ユの演技が好評の『キム・ジヨン』が日本で公開!
  • コン・ユ、ユン・ウネ、イ・ソンギュンら「コーヒープリンス」の俳優たち、13年ぶりに一堂に
  • コン・ユ、ダンディな秋の男の香り漂うグラビアビハインドカットを公開
  • 2020.09.20

    blank