俳優ウ・ドファン、連隊長の表彰受けて“猛虎部隊”に自隊配置...EXOのD.O(ド・ギョンス)と同じ部隊


7月に入隊した俳優ウ・ドファンが、首都機械化歩兵師団、別名“猛虎部隊”に自隊配置される。

19日、OSENの取材結果、ウ・ドファンは第1輸送教育連隊で学生隊長で教育を修了して、連隊長表彰を受けたし、首都機械化歩兵師団に自隊が決定された。

先立ってウ・ドファンは、12日に新兵教育を修了し、“中隊長訓練兵”を引き受けて6週間の訓練を無事に終えた。

以後17日、第1輸送教育連隊で学生隊長で後半期教育を修了したし、連隊長表彰を授与された。 表彰理由は学生隊長で模範的な態度と“教育優秀”という。

首都機械化歩兵師団(首機師団)は、1949年6月創設されて朝鮮戦争とベトナム戦争などに参戦した。 大韓民国陸軍で一番最初に機械化編成を備えた師団であり、緑色の土台にほえ叫ぶ勇猛な虎のマークが彫られた部隊マークを使っている。 別名“猛虎部隊”と広く知られている。

また、猛虎部隊は昨年入隊したグループEXOのD.O(本名ド・ギョンス)が、料理兵として勤める所で、ウ・ドファンはD,Oと同じ部隊で服務することになった。

一方、現役で入隊したウ・ドファンは、7月6日にカンウォンド(江原道)ファチョン(華川)に位置した陸軍15師団新兵教育大隊に入所して、軍服務を始めた。

ウ・ドファンは、2011年MBNドラマ「来た来た、マジで来た」でデビューし、映画は「オペレーション・クロマイト」、「MASTER/マスター 」、「ディヴァイン・フューリー/使者」、「神の一手:グィス編」、ドラマは「ウチに住む男」、「君を守りたい~SAVE ME~」、「マッド・ドッグ~失われた愛を求めて~」、「偉大な誘惑者」、「私の国」などで活躍した。 入隊前最後の作品はSBSドラマ「ザ・キング:永遠の君主」でチョ・ヨンとチョ・ウンソプの1人2役を引き受けて熱演を広げた。

 

  • 【トピック】俳優ウ・ドファン、入隊前のグラビアビハインド公開
  • ウ・ドファン、入隊前最後のグラビアビハインド公開…致命的なカリスマと彫刻のようなスタイル
  • 俳優ウ・ドファン、新兵教育終了…終了式で「旅団長表彰」受ける
  • ウ・ドファン、訓練所からファンにあいさつ…”とても大きな力になっている”
  • 2020.09.19

    blank