イ・ジュンギ主演「悪の花」、視聴率6.0%で自己最高記録を更新

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

「悪の花」が最後の対決を迎えさらに勢いを増している。

16日に放送されたtvN水木ドラマ「悪の花」14話は、首都圏世帯基準平均5.2%、最高6.0%を記録し、全国世帯基準平均4.8%、最高5.4 %で自己最高視聴率を更新した。(ニールセンコリア有料プラットフォーム基準)

この日ド・ヒョンス(イ・ジュンギ)、チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)が夫婦喧嘩の後、さらに強く結ばれた愛を確認した。そして殺人犯ペク・ヒソン(キム・ジフン)が本格的に動き出し、ぞっとするようなサスペンスを予告した。

最終的にエンディングは予想外の衝撃と悲しみを残し視聴者たちの心を揺さぶった。

「悪の花」は、毎週水、木曜日の午後10時50分から韓国で放送される。

 

≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」14話、イ・ジュンギとムン・チェウォンの絆がさらに強まる

・イ・ジュンギ、多彩な魅力アピール…「悪の花」ビハインドカット公開

・<トレンドブログ>俳優イ・ジュンギ、「悪の花」ビハインド写真大放出…“気になってたでしょう?”

・イ・ジュンギ、多少の疲労感にも輝くビジュアルは変わらない

2020.09.17

blank