解散発表の「JEWELRY」、グッバイ画報を公開

解散発表の「JEWELRY」、グッバイ画報を公開

デビュー14年目で解散を発表した韓国ガールズグループ「JEWELRY」が、6人でグッバイ画報を公開した。

元年メンバーであるパク・チョンアを筆頭にソ・イニョン、キム・ウンジョン、ハ・ジュヨン、キム・イェウォン、パク・セミの6人はスター&ファッションマガジン「In Style」2月号で、活動ラストを記念する画報撮影を進行した。

先輩、後輩が集まったこの日の撮影は、楽しいおしゃべりと温かなあいさつが交わされた中で行われたという。撮影後は、メンバー6人と所属事務所スタッフが全員集合して記念撮影を行い、14年間の活動を締めくくった。

同時に行われたインタビューでソ・イニョンは「グループを去ると決めたことに後悔はしていないが、恋しさと申し訳ないという気持ちは残っている。チョンアオンニ(年上の女性を指す韓国語)と『私たちがもう少し責任感をもっていれば…』という話をした」とし、「春には、私の魅力がつまった良い音楽で満たされたアルバムを発表する計画」と明かした。

また、パク・チョンアは「グループで活動していたころは、多忙なスケジュールで体力的にきつかったが、歓喜と幸せ、楽しさなどたくさんの感情を経験した」と過去を振り返った。

なお、「JEWELRY」の画報は「In Style」2月号に掲載される。

WOW!korea提供

2015.01.20

blank