キム・ジュンスらミュージカル俳優、「愛のコールセンター」に登場…目と耳が最高に楽しい舞台に期待

 

ジュンスは「トロット」マスターから、TOP6の対戦相手として戻ってきて大活躍を繰り広げた。切なさと強烈さが行き来するジュンスのライブステージが公開された。TOP6は、すぐ目の前でジュンスの舞台を見て感銘を受けたように両手を集めて口をぽかんと開けながら、ひたすらジュンスの歌に集中した。するとジュンスは、「マスターだったので、いっそうプレッシャーになる」としながらも、「今日はミュージカル俳優として出てきたので、ミュージカル俳優のプライドをかけていきたい」と覚悟を明らかにしてTOP6を緊張させた。また、ジュンスが「この人はとてもうまくて対戦したくない」と対決を避たTOP6メンバーは誰なのかに関心が急増している。

前座で緊張感を引き上げたジュンスは、1対1のデスマッチに入ると180度急変してスタジオを掌握した。他のミュージカルメンバーが歌うたびに舞台中央に進出してダンスをしたり、ミュージカルチームが高得点を出すと歓声を上げて喜んだ。
ジュンスは相変わらずのマスター本能を発動して、TOP6が歌うたびに「強弱の調節が本当によくないか」「とてもうまい」「久しぶりに感動する」とTOP6への自慢を並べて深い愛情を証明した。これに加えてジュンスは、TOP6の舞台で一緒に踊りながら応援するなど、キュートな面でも注目された。

出演の知らせだけでも大きな話題を呼んだミュージカル俳優6人が、果たしてどんな熱い舞台を披露するか、わずかな点差で勝敗が分かれたTOP6とミュージカル俳優との1対1のデスマッチの結果に関心が高まっている。
制作サイドは、「TOP6はもちろん、スタジオの全スタッフが、ミュージカル俳優たちが披露したハイクォリティの舞台からの視線を離さなかった」とし、「対決を超えて、真のノリで最高に目と耳が嬉しいTOP6とミュージカル俳優たちの舞台に期待してほしい」と伝えた。
「愛のコールセンター」24回は、10日夜10時に韓国で放送される。

・キム・ジュンス、「愛のコールセンター」に出演… 「ミスタートロット」TOP6と再会に期待

・キム・ジュンス、「モーツァルト!」10周年公演盛況のうちに終了…”意味深い時間で幸せだった”

・キム・ジュンス所属事務所、ジュンスのミュージカルデビュー10周年と500回公演を祝う

・キム・ジュンス、“ソロ歌手として、ただの一度も放送のステージに立つことができなかった”

2020.09.09

blank