「公式」BTS(防弾少年団)、“ビルボード「ホット100」1位、夢が現実に。安住せず最善を尽くす”

BTS(防弾少年団)は、デジタルシングル「Dynamite」で韓国歌手として初のアメリカビルボード「ホット100」チャートのトップに立った心境を明らかにした。
RMは1日、所属事務所Big Hitエンターテインメントを通じて「まだ夢を見ているようで信じられない。良い曲を作ってくださった作曲家の方々に感謝し、私たちがなすすべての成果は、アーミー(ファンの名称)の方々と一緒に作ったものだと考えている。感謝して、また感謝するばかりだ。より良い音楽で報いるために最善を尽くしたい」と述べた。

ジンは「『Dynamite』は、ファンの方々と楽しくみたいという純粋な気持ちで出発した曲だったが、『ホット100』の1位という、想像もできなかった成績をもらうことになり驚き、本当に嬉しい」とし、「ファンの方々と一緒に成し遂げた成果だと思う。心から感謝する」と明らかにした。
続いてSUGAは「『ホット100』で1位を占めて、少し意識がもうろうとして信じられない。目標が何かと質問される時『ホット100』チャートで1位をしたいと話はしたが、夢が現実になって本当に気分が良い。夢で終わらないようにしてくださったアーミーのみなさんに感謝する。安住せず、さらに熱心にがんばる」と伝えた。

J-HOPEは「夢なのか現実なのか区別ができない。生きてきて、このような気分は初めてで言葉で説明するのが難しい感情が交差する。ただファンの方々に感謝する」とし、「ダンスと音楽が好きで始めたが、『ホット100』チャート1位ができるチームになるとは想像もできなかった。私たちのチームの真心が通じたようで感無量だ。すべての栄光をファンの方々と分かち合いたい」と語った。

(2ページに続く)

・「BTS(防弾少年団)」、ムン・ジェイン大統領からの祝電に感謝の回答「温かい祝福をありがとうございます」

・「PHOTO@ソウル」BTS(防弾少年団)、ロッテ免税店に広告公開…新しい歴史の始まり

・BTS(防弾少年団)ジョングク、“生まれてよかった”と、誕生日とビルボード1位に感激…ジミン、“午前5時まで泣いた”

・BTSジョングクの誕生日、中国ファン釜山で花火打ち上げ&KTXラッピング広告

2020.09.01

blank