タレントのホン・ソクチョン、コロナ長期化で経営するイテウォンのレストランが明日閉店「さすがに耐えがたい」

タレントのホン・ソクチョンが新型コロナウイルス感染症により結局、ソウル・イテウォン(梨泰院)で経営する店が廃業した。

ホン・ソクチョンは19日、自身のインスタグラムに「イテウォンでだけ18年をレストランをしながら過ごした。本当に長い時間だ」とし、「僕の30代、40代の時間をひたすらここでだけで過ごしたが、もう休む時になったようだ」と始まる長文のコメントを掲載した。

彼は「2000年に(同性愛者だと)カミングアウトして番組から追い出された時、ありのままの姿で受け入れてくれたイテウォンなので、小さなルーフトップレストランから始まり、多い時は7店までも運営してきたが、もう明日日曜日にはイテウォンに残っている僕の最後の店『My Chelsea(マイチェルシー)』が閉店する」と明らかにした。

(2ページに続く)

・ホン・ソクチョン、ナム・ヒソクとキム・グラの騒動にコメント=「ナム・ヒソクのせいで芸人を辞めたわけではない」

【全文】ホン・ソクチョン、「30歳にカミングアウトしてすべてを失った…50歳の今、新しい出発をしよう」

・ホン・ソクチョン、「アイコンタクト」で娘の学校行事に参加できなかった理由を告白「からかわれると思った」

・チョ・グォン(2AM)やホン・ソクチョンの「梨泰院クラブ訪問説」、ネット上の立場強要が物議

2020.08.29

blank