キム・スヒョン、8月のドラマ俳優ブランド評判で1位!2位チョ・スンウ、3位イ・ジュンギ

2020年8月のドラマ俳優ブランド評判のビッグデータ分析の結果、1位キム・スヒョン、2位チョ・スンウ、3位イ・ジュンギの順に分析された。
韓国企業の評判研究所は、7月27日から8月28日まで放送されたドラマに出演中の俳優50人のブランドビッグデータ70,582,943個を、消費者のブランド参加量、メディア量、交通、通信量で測定してブランドの評判アルゴリズムで指数化した。(*アルゴリズムとは、「計算可能」なことを計算する、形式的な手続きのこと、あるいはそれを形式的に表現したもの。)

ドラマ俳優ブランドの評判分析は、参加指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランドビッグデータ分析を行った。ブランドの評判指数は、ブランドビッグデータを抽出し、消費者の行動を評判分析アルゴリズムで分析し、参加価値、コミュニケーションの価値、メディア価値、コミュニティの価値、社会的価値に分類して加重平均値から出てきた指標だ。ブランドビッグデータ分析は、ブランドに対する公・否定評価、メディアの情報源と関心度、消費者の関心と疎通、イシューに対するコミュニティ拡散、コンテンツに対する反応と人気を測定することができる。

1位のキム・スヒョンのブランドは、参加指数1,205,712、メディア指数1,179,020、疎通指数868,320、コミュニティ指数518,412となり、ブランドの評判指数3,771,464で分析された。

韓国企業の評判研究所ク・チャンファン所長は、「8月のドラマ俳優ブランドの評判分析の結果、ドラマ『サイコだけど大丈夫』で復帰し、消費者の関心を集めたキム・スヒョンブランドが1位に分析された。キム・スヒョンのブランドは、ビッグデータのリンク解析で「変身する、告白する、復帰」が高く、キーワードの分析では「サイコだけど大丈夫、ムン・ガンテ、ソ・イェジ」が多かった。公・否定の比率分析では、肯定的割合が72.06%に分析された」と評判を分析した。

  • キム・スヒョン主演ドラマ「サイコだけど大丈夫」、“男性の特定部位を戯画化”で法定制裁
  • キム・スヒョン、ムン・ガンテロスにときめきをプレゼント!”悩みは長すぎる足?”
  • チョン・ジェグァン、「キム・スヒョンとは大学の同期、多くを学んだ」”脇役が演じる時でもじっくり待ってくれる姿を見て学んだ。”
  • BTS(防弾少年団)効果、キョンナム(慶南)製薬を救う…製薬業界、キム・スヒョンらスターマーケティング熱風
  • 2020.08.29