「コラム」兵役に入るパク・ボゴムに贈りたいヒョンビンの貴重な経験談!

康熙奉(カン・ヒボン)著『韓流スターと兵役』(光文社)では、

ヒョンビンの兵役時代のことが詳しく記されている

ヒョンビンは、2011年3月7日に浦項(ポハン)にある海兵隊の教育訓練所に入隊した。このとき、彼は28歳だった。一緒に入隊した同期の中で最年長だったが、彼はどんな気持ちで兵役に入ったのだろうか

後悔はしたくない

兵役に入ったときのヒョンビンの覚悟が凄かった。
彼は入隊後に報道陣から「人気全盛期に入隊してファンに忘れられてしまうという考えを持ったことはありませんか」と尋ねられたとき、毅然とこう述べた。
「忘れられることは恐くありません。実際、忘れられることもあるでしょう。大事なことは、ここでどういうふうに過ごして、社会に戻ったときにその経験をどう生かせるか、ということでしょう」
「ここで落伍したとしても、後悔はしたくないですね。やらないで後悔するよりは、やって後悔したほうがまだましじゃないですか。私がしている仕事は経験を積むことが大事なので、ここで過ごす経験が後でとても生きてくると思います」
このように明確な意識をもって訓練に入ったヒョンビン。彼はどんな苦難にも立ち向かえる準備ができていた。
「20代前半から、ずっと俳優の仕事をしてきました。海兵隊に志願して面接を受けましたが、そのときに考えていたのは、キム・テピョン(本名)という自分自身に対して“何をしていかなければならないのか”“将来に向けてどんな目標を持つべきか”ということだったのです」

「今は自分のことを振り返る時間がたくさんあります。これまでそういう時間がなかっただけに、自分の内面を探せる今は貴重だと思っています」
確かに訓練は過酷だったが、ヒョンビンには、一緒に乗り越えていける同僚がいた。彼らの力も大きかったという。
「厳しい訓練が続き、もう耐えられないと観念した瞬間に周囲を見ると、他の人たちは同じ状況で耐えているじゃないですか。それで、私も耐えることができました。もし、私がここで倒れてしまったら、同じように倒れてしまう人も出てくるだろう。それではいけないから、必死に耐えたんです」
こうして、ヒョンビンは兵役を立派にやりとげた。後に続く後輩たちにも大きな勇気を与えたのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ヨブル

http://yoble.jp/

2020.08.28

blank