ムン・チェウォン、イ・ジュンギに別れを告げる…「悪の花」最高視聴率4.1%

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

連続殺人事件を追跡するイ・ジュンギとムン・チェウォンがすれ違う様子が放送された。

26日放送された「悪の花」9話は、首都圏世帯基準平均4.1%、最高4.9%、全国世帯基準平均3.5%、最高4.1%を記録した。tvNターゲットである男女2049視聴率は、首都圏平均2.1%、最高2.5%、全国平均2.0%、最高2.3%を記録した。

この日の放送では、「ヨンジュ市連続殺人事件」の共犯者の調査に向き合うド・ヒョンス(イ・ジュンギ)、チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、ド・ヘス(チャン・ヒジン)、キム・ムジン(ソ・ヒョヌ)の4人の間で妙な緊張感が流れた。"ペク・ヒソンン"という偽りの身分で生きてきたド・ヒョンスの秘密を誰もが知っているが、知らないふりをしながら会話を交わす状況は手に汗を握らせた。

自身を騙し優しい言葉をかけてくる夫ド・ヒョンスに直面する自信がなくなったチャ・ジウォンは、最終的に別れを切り出した。しかし、口からでてくる言葉とは異なり次から次へと流れてくる涙にまだ彼を愛していることを感じさせ切なさを加えた。

動揺するド・ヒョンスは「何でもする」と彼女をつかまえるが、冷たく背を向ける彼女は「ヨンジュ市連続殺人事件」の捜査に集中する。チャ・ジウォンの本音に気づかないド・ヒョンスは、共犯者をつかまえれば彼女の心をつかむことができると考え、更に捜査に没頭した。

そして録音テープの中で共犯者が電話をかけた場所が、昔父親のド・ミンソク(チェ・ビョンモ)と一緒に行ったバーだということを思い出し、ついに人身売買組織のヨム・サンチョル(キム・ギム)までたどり着いた。真犯人の父親と共犯者が彼を通して"チェリョ"という名前で殺害する人を売買したことを知ったのだ。ド・ヒョンスは顧客を装い嘘をつき、共犯者を見つけるために彼を利用しようとした。

その時、最後の被害者の足取りを調査していたチャ・ジウォンと刑事は、ファン・ジョンスン(キム・ミファ)を見つけた。しかし、チャ・ジウォンが油断している隙に脱出を試みたファン・ジョンスンが重傷を負うことで調査に支障が出た。自責の念に陥ったチャ・ジウォンは、いつも自分を慰労してくれる夫を思い出し「会いたい」と本音を吐いた。

ヨム・サンチョルとの神経戦を繰り広げていたド・ヒョンスは、チャ・ジウォンの電話にもわざと冷たく答えた。刑事の感でチャ・ジウォンは彼の危険を察知し、一人で解決できるという彼を信じながらも「1時間以内に私のところまで来て」という言葉を残した。果たしてド・ヒョンスが脅威にさらされる中、無事脱出しチャ・ジウォンの元に帰ることができるのか、2人が互いに対する気持ちを確認することができるか注目が集まっている。

「悪の花」10話は、27日午後10時50分から韓国で放送される。

 

「コラム」ヒョンビン、東方神起ユンホ、イ・ジュンギの入隊時の名言とは?(特別編)

・≪韓国ドラマNOW≫「悪の花」9話、イ・ジュンギがムン・チェウォンのために捜査を張り切る

・俳優イ・ジュンギ、ハート愛嬌にキュンキュン…女心揺さぶるかわカッコよさ

・イ・ジュンギ、謎の男と対面…息詰まる緊張感「悪の花」

2020.08.27

blank