「Stray Kids」、9月14日に新アルバム「IN生」を発表…“麻辣味ジャンル”を繋ぐ

「Stray Kids」、9月14日に新アルバム「IN生」を発表…“麻辣味ジャンル”を繋ぐ

「Stray Kids」が9月14日、新しいアルバム「IN生」でカムバックする。

「Stray Kids」、6月17日初めての正規アルバム「GO生」を発表したのに続き、3か月ぶりに正規1集のリパッケージアルバム「IN生」でファンたちを訪れる。

JYPエンターテイメントは25日0時、公式SNSチャンネルに「IN生」のトレーラーを奇襲公開し、「Stray Kids」のカムバックを知らせた。

今回のトレーラーは、8人のメンバーが緊張感の中で、明確な存在感を輝かせ目をひきつける。

ヒョンジンは自分自身を遮る存在に向かって猪突的な目つきを、リノは暗闇の中、何かに向かって手を伸ばすシーンで気がかりを刺激した。

また、「Stray Kids」が立ち入り禁止区域の前に堂々と立って正面を凝視する姿で、さらに強烈な新譜コンセプトを垣間見ることができる。

白い背景とのコントラストをなす色鮮やかなヘアカラー、カラフルスタイリングなどがカムバックビジュアルに対する期待感を高めている。

「Stray Kids」は正規1集「GO生」のタイトル曲「神メニュー」を介して「麻辣味ジャンル」の真髄をプレゼントし底力を誇示した。

バンチャン、チャンビン、ハンで構成されたチーム内プロデュースグループ3RACHAが作った「神メニュー」は強い中毒性を帯びた歌でグループの人気上昇を牽引した。

正規1集はハントチャート基準初動(発売日あたり一週間のアルバム販売量)12万7930枚で、独自の新記録を達成し、米国ビルボード「ワールドアルバム」チャート6位に上がるなど、成長の歩みを立証した。

また、アルバムの3つのバージョンが、タワーレコードのセールスチャート1位から3位までを独占し、パワーを誇った。

独創的な音楽はもちろん、特別なパフォーマンスの実力とメンバーとの間の呼吸を誇る「舞台名店」、「麻辣味ジャンルの先駆者」など、多くの好評を引き出した。

正規1集「GO生」で存在感を刻印させたのに続き、リパッケージアルバム「IN生」で地位をより広く拡張する見通しだ。

「Stray Kids」の新譜「IN生」は9月14日、そのベールを脱ぐ。

WOW!korea提供

 

  • 「Stray Kids」×「THE BOYZ」、「クイズの上のアイドル」で友情エピソード公開
  • 「Stray Kids」ヒョンジン、コンジモリもよく似合う…ヒップな魅力いっぱい
  • 「Stray Kids」、初の正規アルバム活動成功裏に終了…”大きな関心、あっという間の活動”
  • 「Stray Kids」、“日本発売のK-POPアルバム”1位…タワーレコード2020上半期チャート掌握
  • 2020.08.25

    blank