イ・ヒョリ、「遊ぶなら何する?」で妊活していることを明かす...“産婦人科に行く日はスケジュールを入れないで”

韓国女性歌手イ・ヒョリが、プロジェクトグループ「払い戻し遠征隊」のミーティングで、妊活をしていることを告白した。

22日午後に放送されたMBCバラエティー番組「遊ぶなら何する?」では、「払い戻し遠征隊」を発案したイ・ヒョリが、オム・ジョンファ、Jessi、ファサと初会合の場を持ち、その後「斬新エンターテイメント」のプロデューサーとして登場したユ・ジェソクとミーティングをする場面が放送された。

ユ・ジェソクと最後にミーティングをしたイ・ヒョリは「もうリンダ・Gじゃないから、リンダって呼ばないで」と話した。

また「まだ新しい名前がない。“なにがし”って呼んで」と話し、笑いを誘った。彼女は“ジミー・ユ”ユ・ジェソクとコントのようなやりとりをし、「払い戻し遠征隊」のコンセプトを固めていった。そして最後に“マオ”という芸名を提案した。

(2ページに続く)

・プロジェクトユニット「SSAK3」、涙の活動終了…妊娠計画中のイ・ヒョリをユ・ジェソクとRain(ピ)も応援

・トップモデルのソン・ギョンア「イ・ヒョリ&イ・サンスンが住んでいた家を購入、『良い家を買った』と言われた」

・<トレンドブログ>”唯一無二のヨガ女神”イ・ヒョリ、高難度な姿勢もお手の物

・イ・ヒョリ、KakaoMでバラエティー番組をローンチ…“まだ企画段階”

2020.08.23

blank