「BTS(防弾少年団)」、発売記念グローバル記者懇談会オンライン生中継開催!「Dynamite」で計画なかったデジタルシングル発売“破格的な挑戦”

「BTS(防弾少年団)」、「Dynamite」で計画なかったデジタルシングル発売“破格的な挑戦”

韓国アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」がデジタルシングル「Dynamite」の発売ビハインドを明かした。

21日午前10時30分、「BTS」のデジタルシングル「Dynamite」発売記念グローバル記者懇談会がオンライン生中継された。

「BTS」の新曲「Dynamite」は明るく軽快な雰囲気のディスコポップジャンルで、ファンのために希望のメッセージを込めた曲だ。中毒性のある楽しいリズムに「BTS」の独歩的なパフォーマンスが加わったとして、期待を集めている。

JINは「Dynamite」について「歌詞が楽しいメロディーとよく似合う。“明るく火を灯す”という歌詞が出てくるが、多くの方々がこの歌を聞いて、力を出してほしい。皆さんに今BTSが聞かせたい歌」と説明した。

「BTS」は、「Dynamite」で幸せと自信を歌う。これで「BTS」は、新型コロナウイルス事態で無力感や虚しさが広がった全世界に、さらに大きな響きを与える見通しだ。

これにSUGAは「幸せと自信を込めた。走っていて転んでしまったような昨今、そう感じる方々に捧げる曲だと思ってほしい。『明かりを灯す』という意味の歌詞が、多くの方々の力になればと思う」と伝えた。

特に「BTS」は「Dynamite」を全世界のファンと楽しみたいという気持ちで、下半期アルバム準備中に急いでカムバック準備に入ったという。

RMは「まったく計画になかった。下半期にリリースするアルバムを作業していた。準備する過程でいくつかの曲に出合うが、聞いてすぐにとても楽しいと感じた。僕たちが試してみたかった、重みのない楽しい曲だったので、 とても気分がよかった。ダンスをしながら楽しくレコーディングをしていた」と話した。

続けて「ファンの皆さんと早く分かち合いたかった。エネルギーを早く差し上げたかった。 それで、僕たちとしては“電撃的にシングルを出そう”と思った。多くの人たちともっと早く楽しみたかったので、一生懸命に準備して(曲を)出した」と明らかにした。また、「Dynamite」については「冒険であり挑戦」と付け加えた。

一方、「BTS」はこの日「Dynamite」音源に加え、歌の活気あふれる雰囲気をそのまま盛り込んだミュージックビデオも公開する。

WOW!korea提供

 

  • 「BTS(防弾少年団)」、今日(21日)「Dynamite」全世界同時発売…希望のメッセージ伝播
  • BTS(防弾少年団)やソ・ジソプ、ハン・ヒョジュが住むマンション、今年最高の売買価格を記録
  • BTS(防弾少年団)、26日放送の日フジTV「2020 FNS歌謡祭 夏」に出演確定!”「Stay Gold」と「MIC Drop」の2曲披露”
  • BTS(防弾少年団)、ヒーリング旅行記「IN THE SOOP BTS編」初回視聴率1.26%
  • 2020.08.21

    blank