「囲みレポ」JO1、「STARGAZER」ショーケースイベント後に語ったJAMへの想い「僕らも会えないのは寂しい。でも、もっと成長して頑張るので待ってて」

左から:與那城、 佐藤、 大平、 白岩 、豆原、 川尻、 川西、 木全、 鶴房、 金城、 河野

グローバルボーイズグループJO1が、2ndシングル「STARGAZER」(8月26日発売)のショーケースイベントを8月16日(日)にオンライン生配信で開催。新曲3曲のパフォーマンスを初披露し、画面越しに視聴したJAM(ファンネーム)5000人を魅了した。
大盛況のうちにショーケースイベントを終えたJO1は、その後、報道陣向けに、メンバーあいさつを兼ねた、代表質問による質疑応答を行った。

-2月の1stファンミーティング以来、久しぶりのステージパフォーマンスでしたが、いかがでしたか?
河野:久しぶりにステージに立たせていただいて、1stシングル以上に、僕たちが成長した姿をこのイベントで見せられたんじゃないかなと思います。
金城:毎回こうやってパフォーマンスをさせていただくときに思うのが、スタッフの方々、JAMの皆さんに支えられているなとメンバー全員思っています。それと、僕自身、ダンスも歌も成長した自信があるので、そこにも注目してもらえたらと思います。
鶴房:本当はお客さんを入れてやりたかったんですけど、こういう形でもうれしかったし、今回は木全と僕はカッコいいところを見せたいなと思って、(ヘッドマイクではなく)ハンドマイクでラップをしたんですけど、ちょっとやっちゃいました(笑)。フリを間違えて。忘れちゃったという…。すみませんでした。
木全:大きい会場でのパフォーマンスで、いつも以上にふわふわした気分で、楽しいのとふわふわで、よく分からなかったんですけど、次はお客さんもちゃんと入れてやれたらいいなと思っています。
川西:ステージに立つことが本当に好きなんだなっていうことを改めて実感しました。今回このような形になったんですけど、新しい時代が来てるんだなと。ただ、やっぱりファンの方にも会いたいので、僕たちがこれからも全力で頑張って、実際に会ってパフォーマンスできるように、これからも頑張っていきたいと思いました。
川尻:ライブ配信という形ではあるんですけど、JAMの皆さんに直接、僕らのパフォーマンスをお届けできたということがありがたいことですし、本当にうれしかったです。あと、こういった状況の中で、いろんな想いだったり、伝えたいメッセージもたくさん出てきた時期でもあったので、2ndシングルに込められたメッセージ、プラスいまの僕たちから皆さんに届けられる気持ちっていうのを直接ライブ配信でお届けできたのはうれしいことだなと思いました。今度は直接会えるように11人で頑張りますので、よろしくお願いいたします。
豆原:きょうはこのステージに立たせていただいて、すごく楽しかったですし、このステージに立つと、1月、2月のファンミーティングをすごく思い出すなと思って。今日は配信という形でやらせていただいて、自分でもこう申し訳ない気持ちと、これからまた頑張ってやっていかなきゃいけないなって気持ちになりました。次は絶対に皆さんに会ってやりたいと思うので、今後もよろしくお願いします。
白岩:2月のファンミーティングで僕らとJAMの皆さんが会ったのが最後って考えると、相当寂しい思いをさせてしまっているなというか、待たせてしまっているなっていうのがあって、僕らも会えないのは寂しいですけど、次会ったときとか、今日みたいにこうやって画面越しでも、パワーアップしている姿を見せたいなと思って、会えない時間もすごく頑張りました。これからも皆さんにカッコいい姿を見せて、それが元気だったり、後押しできる力になればと思って、精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。
大平:僕もステージに立てることが、本当に幸せだなと思ってて、改めてステージに立って、(川西)拓実くんが言った通り、僕もステージに立つのが本当に大好きなんだなって。そして、この大きな会場を使えることが当たり前なことじゃないですし、お客さんがいないのも絶対意味があるなと思って。だから次、JAMの皆さんと会える機会があったら、お互い絶対幸せだろうし、それまでに僕たちももっと成長して頑張るので、これからも応援してください。
佐藤:リモートという形になってしまったんですけど、気持ちよく踊れたし、パフォ―マンスができて、ファンの皆さんと一つになれた感じがしました。だけど、やっぱり直接お会いしてパフォーマンスを見せた方がより一つになれると思います。絶対に早く会えるように、僕たちが準備するので、それまで待っていてください。
與那城:今回こういう形で画面を通じて、僕たちの2ndシングルのパフォーマンスをお見せできたことが非常にうれしく思っています。新型コロナの影響でどうしても直接会えない期間が増えていますが、僕たちが何か伝えられるんじゃないかと、その想いを11人がそれぞれ持っていますので、これからもし、ライブができるようになれば、その熱い気持ちをいま以上にファンの皆さんに届けられると思います。そのときまで、待っていてくださいと伝えたいです。

-久しぶりのパフォーマンスでしたが、手応えはいかがでしたか?
河野:僕たち、ステイホームの期間だったり、いろんな期間を経て、やっと今日、パフォーマンスを間接的に見ていただける機会を作れたので、その準備の期間というのは、1stシングル以上に、気合を入れて準備してきました。それこそ今回の2ndシングルのコンセプトである“成長痛”のように、まだまだ成長していっているなって感じる部分は、個々にもチームにもあるので、その姿をステージでしっかり見せられたと思います。
-自粛期間中はどのように練習していましたか?
金城:みんなそれぞれですけど、部屋が一つ余っていたので、そこで順番にダンスの練習をしていました。僕自身は、いまが自分を磨くチャンスだなと思って、独学で筋力トレーニングだったり、自分たちの過去の映像を見て、どういう動きが一番カッコいいか研究したり、あと歌声ですね。自粛期間中から、ボイストレーニングを毎日欠かさずやっていました。先生に「喉も筋トレだから、毎日欠かさずやることが大事」と言われていたので、いつかもっと高音ボイスができるようになったら、パフォーマンスにも影響が出て、つながるんじゃないかなと思って、練習していました。
-「STARGAZER」はどんなコンセプトのシングルですか?
鶴房:僕らを見て分かる通り、“学生”なんですけど、学生の頃って、未来の夢と期待もありながら、不満とか悩みを抱えていると思うんですよ。そんな中で、「僕らも悩みや不満を一緒に抱えるよ」とか「一緒に進んでいこうよ」っていうメッセージが込められています。
-「STARGAZER」の表題曲「OH-EH-OH」の魅力を教えてください。
木全:パートによって、曲の雰囲気が変わるので、そういったところを聴いてもらえると、より楽しめるんじゃないかと思います。
-「STARGAZER」制作時のメンバーの裏話があれば教えてください。
川西:MVの撮影をしたとき、久しぶりに11人のメンバーとスタッフさんと一緒に食事をして、いいものを作るために、同じ時間を過ごしました。すごい楽しかったです。
河野:ちょっと、あんまり思い出せない…。
川西:食べたじゃん!
與那城:めっちゃうなぎ食ってたよ。
河野:あぁ~。思い出した! 和食や!
川西:僕のうなぎも食べたじゃないですか!
河野:おいしかったです。
與那城:えっ? これファンミ?(笑)
川西:そういう時間を過ごせたのがよかったなと思いました。

(2ページに続く)

2020.08.17

blank