【公式】「BTS(防弾少年団)」、米国「ビルボード200」6か月間上位圏…世界中捕らえた存在感

「BTS(防弾少年団)」がビルボードのメインアルバムチャートで6か月目の名前を上げて、世界的な人気を立証した。

11日、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャートによると、今年2月21日に発売された「BTS」の正規4集「MAP OF THE SOUL:7」は「ビルボード200」チャートで64位に位置した。「BTS」は、このアルバムで、3月7日に「ビルボード200」チャートで1位に初進入した後、24週連続上位を維持する底力を見せた。

「MAP OF THE SOUL:7」は、メインアルバムチャートだけでなく、「ワールドアルバム」チャート2位、「インディペンデント・アルバム」チャート9位、「トップアルバムセールス」チャート13位、「トップカレントアルバムセールス」チャート12位、「テイストメー​​カーアルバム」チャート15位など多数のチャートで最上位圏をさらった。 「MAP OF THE SOUL:7」の収録曲「時差」は、「ワールドデジタルソングセールス」チャート1位を占め、「Filter」は、「ワールドデジタルソングセールス」チャート3位、「カナディアンデジタルソング」チャート27位に上がった。

(2ページに続く)

・BTS(防弾少年団)ジン、完ぺきなビジュアルに感嘆…新曲が待ちどおしい

・「BTS(防弾少年団)」SUGA、ナチュラルスタイリングもよく似合う…眠たくてもイケメン

・BTS(防弾少年団)、「In the SOOP BTS編」3番目のティーザー公開…メンバーの多様な魅力公開

・BTS(防弾少年団)、14日、「I-LAND」登場を予告…期待アップ

2020.08.12

blank