【時代劇が面白い】ドラマ『イ・サン』で重要な役割を演じた5人の女性の正体は?(歴史編)

 

正祖の正室と側室
3人目は正祖の妻であった孝懿王后(ヒョウィワンフ)だ。
とても人格者で、宮中で誰もが尊敬するほど評判が良かった。
ただし、正祖との間で子供を宿すことはできず、1821年に68歳で亡くなった。今でも韓国で「もっとも徳があった王妃」として記憶されている。
次は、正祖の側室だった宜嬪(ウィビン)・成氏(ソンシ)について。

正祖に4人の側室がいたが、その中の1人が宜嬪・成氏である。『イ・サン』でハン・ジミンが扮したソンヨンのモデルだと言われている。
正祖との間で文孝(ムニョ)世子という名の王子をもうけたが、その息子は5歳で亡くなってしまった。
さらに、宜嬪・成氏は妊娠しているときに若くして亡くなったと伝えられている。
いわば、悲劇の側室なのである。
5人目は正祖の側室だった綏嬪(スビン)・朴氏(パクシ)だ。

正祖との間に、1男1女をもうけた。
その内の王子は1790年に生まれていて、正祖が1800年に亡くなったあと、王位を継いで23代王・純祖(スンジョ)となった。
つまり、綏嬪・朴氏は国王の母になったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

様々な工夫をこらしてイ・ソジンは『イ・サン』を盛り上げた!

イ・ソジンは『イ・サン』でどのように役作りを行なったのか

イ・ソジンが『イ・サン』の主演で特にこだわったことは?

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

イ・ソジンが『イ・サン』を盛り上げたエピソードが面白い!

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2020.08.11

blank