俳優ソン・イルグク、児童体罰根絶キャンペーンに賛同…”殴られてもいいという子供はいない”

緑の傘子ども財団(会長:イ・ジェフン)は広報大使ソン・イルグクと共に子どもの体罰根絶メッセージが込められた「Change 915、殴られてもいい人はいません」キャンペーン映像を制作した。

「Change 915、殴られてもいい人はいません」キャンペーンは、体罰に対する社会的警戒心を高めている。ソン・イルグクは、展示を鑑賞した後「多くの方たちは僕が子育てが得意だと思っていますが、僕も新米パパだから、後悔したり反省する時間の連続です。それでも確かなことは、殴られてもいい子どもはいません」とし「幼いから、失敗したからといって体罰を当然視する文化は改善されてほしい」と伝えた。

  • ソン・イルグク、三つ子の息子たちの誕生日に…”生まれてきてくれてありがとう!”
  • <トレンドブログ>俳優ソン・イルグク“1年生10回目最後の交通ボランティア”、ぐんと大きくなった三つ子ちゃん“いつのまにか2年生”
  • 俳優ソン・イルグク、大きくなった三つ子の息子たちの近況公開…“メリークリスマス”
  • 【トピック】俳優ソン・イルグクの三つ子の息子たち、スーツがよく似合うまでの成長ぶりが話題
  • 2020.08.10

    blank