「SSAK3」、デビュー後初の1位の瞬間から夢のような活動も終了間近…「名残惜しい」

「SSAK3」、デビュー後初の1位の瞬間から夢のような活動も終了間近…「名残惜しい」

韓国バラエティ番組「遊ぶなら何する?」で結成されたユニット「SSAK3」のデビュー初の1位の瞬間、アイドルの先輩たちと一緒に「またこの海辺で」のアンコール舞台フルバージョンが放送を通じて公開される。

8日に放送されるMBC「遊ぶなら何する?」は、ユ・ジェソク、イ・ヒョリ、Rain(ピ)らが、初の1位に輝いた音楽番組「M COUNTDOWN」での舞台ビハインドが公開される。

30日に放送されたMnet「M COUNTDOWN」のデビューから1位の栄光を手にした「SSAK3」と喜びを分かち合った先輩アイドルたちの姿が大きな話題を集めた。「SSAK3」のアンコール曲に合わせてダンスで共に祝う姿は、まるで年末歌謡大祭典を彷彿とさせた。

一方、「M COUNTDOWN」を最後に公式音楽放送活動を終えた「SSAK3」の姿も公開される。栄光のトロフィーを持って控室に向かっていた「SSAK3」のメンバーたちは、お互いにお祝いの言葉をかけながらトロフィーを独特の方法で渡す特別な友情を見せた。

控室に到着した「SSAK3」は、一緒に汗を流したナナスクールに感謝の言葉を伝え、真夏の夜の夢のようだったグループの活動との両方が同時に終わりが近づき名残惜しさを表した。

2020年の夏を魅せた「SSAK3」の最後の音楽番組活動の様子は、今日(8日)に放送される「遊ぶなら何する?」を通じて確認することができる。

 

WOW!korea提供

 

  • イ・ヒョリ、RAINのファンクラブが直筆の手紙→SSAK3グローバルブーム
  • 「SSAK3」、「Beach Again」45カ国チャートインにグッズ完売…個人楽曲公開D-1
  • 「コヨーテ」、「SSAK3」の候補曲で8月2日にカムバック…レトロダンス大戦に参加
  • 「SSAK3」Rain(ピ)、 妻キム・テヒの「遊ぶなら何する?」出演の反応は…「とても嬉しがった」
  • 2020.08.08

    blank