イ・ジュンギ、スリラーだけではない…「悪の花」でときめき爆発

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

俳優イ・ジュンギが、ときめき誘発者に変身した。
tvN水木ドラマ「悪の花」で正反対のイメージを自由に行き来してふたつの顔を演じているイ・ジュンギのビハインドカットが公開された。
所属事務所NAMOO ACTORSを通じて公開された「悪の花」1、2話のビハインドカットでは、イ・ジュンギのスイートで優しい姿がたっぷり収められており、女心を狙い撃ちしている。エプロンをかけて食材の手入れをしたり、劇中で娘のチョ・ソヨンと一緒にピザのトッピングを選ぶ彼の姿は、「悪の花」で妻のチャ・ジウォン(ムン・チェウォン)と娘ペク・ウナの完ぺきな夫であり父親であるペク・ヒソンの姿を見せていて、一味違ったときめきを与えている。

また、ジウォンを見つめるヒソンの甘い眼差しも視線を集める。放送初週にペク・ヒソンが、殺人事件の犯人ド・ヒョンスと同一人物であるという事実が明らかになっても、彼の家族に見せるあたたかい容貌は、ヒソンをめぐる冷たい真実から顔をそむけたくさせる。このように両極端のイメージを完全に表現する彼の姿は、果たしてヒソンの素顔はどれなのかに対する疑問を投げかける。

(2ページに続く)

イ・ジュンギ、ムン・チェウォン主演ドラマ「悪の花」2話、予測不可な展開にも視聴率小幅下落“2.9%”

・イ・ジュンギ、ソウルを席巻したファンクラブの歴代級「悪の花」広告に「身に余る愛に幸せ」

・イ・ジュンギ、ドラマ「悪の花」ビハインド公開…シリアスな中にもユーモアで(動画あり)

・イ・ジュンギ、ダンディなスーツ姿でドラマをPR…”声援に感謝をささげます”

2020.08.04

blank