イ・ヒョリ、一時預かり中の保護犬の近況を報告&里親を推進=「買わないで里親になろう」

韓国女性歌手イ・ヒョリが、一時預かりをしている保護犬を紹介し、里親を奨励した。

イ・ヒョリは3日、Instagramに「一時預かりしているヌレとヒレ。買わないで里親になってください」という文章と2枚の写真を投稿した。

写真にはイ・ヒョリが一時預かりをしている保護権が写っていた。黄色っぽい犬がヌレ、白い犬がヒレだと思われる。2匹はイ・ヒョリの世話によって健康状態が回復してきている様子だ。

当該の投稿にネットユーザーからは「プラスの影響力だ」、「いい里親さんが見つかれば」、「いい人に会って幸せになってね」というコメントが寄せられた。

イ・ヒョリはMBCのバラエティー番組「遊ぶなら何する?」で結成されたプロジェクトグループ「SSAK3」のメンバー リンダ・Gとして活動中だ。

WOW!korea提供

  • 「Fin.K.L」出身オク・チュヒョン、イ・ヒョリのファッションに「何をしても消化力が…」
  • <トレンドブログ>イ・ヒョリ、母親から注意“ピ(RAIN)に失礼なことを言うな”=「遊ぶなら何する?」
  • イ・ヒョリ、RAINのファンクラブが直筆の手紙→SSAK3グローバルブーム
  • 歌手イ・ヒョリ、ソロ曲発売を予告
  • 2020.08.03

    blank