「KARA」ギュリ、初めて映画にキャスティング〜ついにスクリーンデビューへ

「KARA」ギュリ、初めて映画にキャスティング〜ついにスクリーンデビューへ

人気ガールズグループ「KARA」のパク・ギュリが映画「逆に近い二人で」に出演する。

30日、所属事務所のDSPメディアによるとパク・ギュリ(KARA)は最近チョ・ソンギュ監督がメガホンをとる映画「逆に近い二人で」に抜擢、撮影を終えた。

パク・ギュリが出演した映画「逆に近い二人で」は江陵(カンヌン)で3人の男女が出会い起こるストーリーだ。

「ネイルサロン・パリス〜恋はゆび先から〜」、「KARAのシークレットラブ」などさまざまなドラマで安定した演技を披露してきたパク・ギュリは今回の作品で映画に挑戦することとなった。

パク・ギュリは「普段から映画に興味があったが監督から思いもよらずラブコールをいただき、まずはとても感謝しましたし、初めての映画で独立映画(自主制作映画)に参加することができて嬉しかった」とスクリーンに挑戦した想いを語った。

映画は来年下半期に公開予定だ。

WOW!korea提供

2014.12.30

blank