キム・スヒョン、新ドラマについて語る「キャラクターに共感してもらえたら」

「サイコだけど大丈夫」に出演するキム・スヒョンが、劇中の役柄であるムン・ガンテに出会った素直な気持ちを明らかにした。

ケーブルチャンネルtvNの新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」は、手に負えない生活の重みから愛を拒否している精神病棟の介護士ムン・ガンテ(キム・スヒョン)と生まれつきの障がいで愛を知らない童話作家コ・ムンヨン(ソ・イェジ)が互いの傷を治癒していく一編のファンタジー童話のようでありながら愛に関しては少し奇妙なロマンチックコメディだ。

「サイコだけど大丈夫」というタイトルに惹つけられたというキム・スヒョンは、ムン・ガンテについて「心が引き裂かれるようなキャラクターだ。誰もがそうであるように、他人の前では誰よりも強く隙がないように見えるが、ひとりでいるときはそれが崩れ落ちてしまう。ガンテは大丈夫そうに見えるが、実は自らが背負っているもののため常に疲れ果てている状態だ。ガンテのような人がどこかにいそうだと思った」とキャラクターに対する格別な弱々しさを表わした。

特にムン・ガンテは夢も希望もなく生きていくキャラクターで、家では自閉症スペクトラム症の兄ムン・サンテ(オ・ジョンセ)の世話をし、外では心が弱っている病気の患者の世話をしているが、自分の人生の世話はできない人物であるだけにキム・スヒョンの熱演がより深く繊細に表現されることが期待される。

キム・スヒョンは「ムン・ガンテは周囲の人々に本音を見せない。特にガンテの表情からガンテの感情を感じ取る兄の前ではなおさらのことだ。こういった部分を多くの方に共感して欲しい」と明らかにした。

ジャンルを問わずキャラクターに対する没入度と具現力で定評があるキム・スヒョンは、ムン・ガンテを演じる時、常に悩みながら緊張状態で臨んでおり作品に対する熱意がすごいという。

最後にキム・スヒョンは「劇中に登場する各キャラクターに興味を持って見ていただけたらと思う。特に思慮深いガンテに没頭して見ていただければ、ドラマの面白さがさらに倍増すると思う」と観戦ポイントを明らかにした。

「サイコだけど大丈夫」は、今月20日午後9時から韓国で放送がスタートする。

 

【トピック】俳優キム・スヒョン、ハナ銀行YouTube広告が再生回数1000万回を突破

・キム・スヒョン&ソ・イェジ、「サイコだけど大丈夫」キャラクターポスター公開…完ぺきなビジュアル

・「サイコだけど大丈夫」キム・スヒョン♥ソ・イェジ、胸ときめくスチールカット公開!!

・俳優キム・スヒョン、復帰の所感“とても久しぶりの撮影なので緊張して震えた”(動画あり)

2020.06.04

blank