”議員の息子”ラッパーNO:EL、飲酒交通事故後に運転手すり替え容疑…1審で執行猶予

チャン・ジェウォン議員の息子で韓国人ラッパーのNO:EL(ノエル、本名:チャン・ヨンジュン)が飲酒交通事故を起こし運転手をすり替えた疑いで起訴され、1審で執行猶予の判決が下された。

ソウル西部地裁は2日、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反(危険運転致傷)と道路交通法違反(飲酒運転)などの容疑で起訴されたチャン被告に懲役1年6か月、執行猶予2年を言い渡し、40時間の運転講義履修を命じた。

裁判部は「被告人は酒に酔った状態で運転して事故を起こし、血中アルコール濃度が高い状態で制限速度を超えて運転するなど罪が重い。さらに、事故後に運転手をすり替えて責任を逃れようとし、国家の司法行為を積極的に阻害したことも罪は軽くない」と指摘しながらも、「被害者の負傷程度は重くなく、以降、被害者と合意した点、事故当日に捜査機関へ自首し、保険詐欺犯行の場合は未遂に終わっている点、この事件以前に刑事処罰を受けた経歴がない点などを考慮した」と量刑理由を説明した。

これに、ネットユーザーらは「飲酒運転処罰法を強化したのではなかったのか」、「執行猶予は甘すぎる」、「内容にイライラする」などの反応を寄せている。

NO:ELは昨年9月7日午前、ソウル麻浦区の道路で酒に酔った状態で車を走らせてバイクに追突する事故を起こした。その後、知人Aさんに「自分が運転していた」と警察に虚偽の陳述するよう(Aさんに)依頼した疑いと、Aさんが事故を起こしたとして虚偽の保険申請をして処理を試みた疑いを受けている。事故当時、NO:ELの血中アルコール濃度は0.12%で、免許取り消し水準だった。

 

WOW!korea提供

  • 「議員の息子」ラッパーNO:EL、今日飲酒運転事故で2次公判
  • ラッパーNO:EL、初公判で“飲酒運転・運転手すり替え”容疑をすべて認める
  • 飲酒運転疑惑のラッパーNO:EL、新たに違法駐車・Uターン禁止違反の疑いも
  • NO:EL、飲酒運転関連疑惑→ビッグフェスへ不参加…名前も削除
  • 2020.06.03

    blank