BTS(防弾少年団)、5月の歌手ブランド評判1位...2位イム・ヨンウン、3位ヨンタク


歌手ブランド評判2020年5月のビッグデータ分析結果、1位BTS(防弾少年団)、2位イム・ヨンウン、3位ヨンタクの順で分析された。

韓国企業評判研究所は2020年4月28日から2020年5月29日までの歌手ブランドビッグデータ101,702,578個を分析して、消費者のブランド参加、メディア、コミュニケーション、コミュニティ指数を分析をした。 2020年4月の歌手ブランドビッグデータ113,148,767個より10.12%減少した。

2020年5月の歌手ブランド評判10位までの順位は、BTS、イム・ヨンウン、ヨンタク、OH MY GIRL、IU、(G)-IDOL、ベクヒョン(EXO)、カン・ダニエル、NCT、IZ*ONEの順で分析された。

1位のBTSブランドは、参加指数4,029,916、メディア指数2,294,941、コミュニケーション指数5,299,657、コミュニティ指数3,991,221で、ブランド評判指数15,615,734と分析された。

2位のイム・ヨンウンブランドは、参加指数7,028,567、メディア指数2,045,491、コミュニケーション指数2,714,194、コミュニティ指数1,701,190で、ブランド評判指数13,489,442と分析された。
3位のヨンタクブランドは、参加指数2,621,769、メディア指数2,083,852、コミュニケーション指数1,237,989、コミュニティ指数1,232,422で、ブランド評判指数7,176,033と分析された。

4位のOH MY GIRLブランドは、参加指数1,563,028、メディア指数932,605、コミュニケーション指数2,672,449、コミュニティ指数1,500,626で、ブランド評判指数6,668,709と分析された。

5位のIUブランドは、参加指数1,952,213、メディア指数1,231,150、コミュニケーション指数1,482,245、コミュニティ指数1,715,248で、ブランド評判指数6,380,856と分析された。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「2020年5月の歌手ブランド評判分析の結果、BTSブランドが1位を記録した。 歌手ブランドのカテゴリーを分析してみると、2020年4月の歌手ブランドビッグデータ113,148,767個より10.12%減少した。 細部分析を見ると、ブランド消費15.21%下落、ブランドイシュー0.57%上昇、ブランドコミュニケーション6.78%下落、ブランド拡散13.61%下落した」と、分析した。

引き続き「BTSブランドが1位を守っているなかで、ミスタートロット出身のイム・ヨンウンブランドが2位、ヨンタクブランド3位を記録した。 防弾少年団ブランドは“ON、Black Swan、友達、フィルター、Moo、時差”など、多くの音源が消費者の愛を受けていたし、イム・ヨンウンブランドは“もう僕だけ信じて、ある60代老夫婦の話、希望”、ヨンタクブランドは“本物だ、マッコリ一杯”で消費者の関心を集めた」と、明らかにした。

 

  • BTS(防弾少年団)SUGA、ミックステープで英国オフィシャル・アルバムチャート7位“韓ソロで初めて”
  • 「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK、米ニュースで卒業写真を誤って使われる
  • <トレンドブログ>TWICE、BTS、NCT…K-POPシーンで活躍する日本人振付師まとめ|あの有名アイドルと同じレッスンが受けられる!?
  • 【トピック】「BTS(防弾少年団)」JIMIN、英米圏の辞典サイトに登場した理由は?
  • 2020.05.30

    blank