イ・ジュンギ×ムン・チェウォン、新ドラマ「悪の花」制作ビハインド映像公開(動画あり)

tvN新水木ドラマ「悪の花」が制作ビハインド映像を初公開した。

tvN新水木ドラマ「悪の花」(脚本ユ・ジョンヒ、演出キム・チョルギュ)は愛さえも演じる男ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と彼の実態を疑い始める妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、目をそらしたい真実の前に立った2人の感性追跡ドラマだ。

これに先立ち、イ・ジュンギ(ペク・ヒソン)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン)、チャン・ヒジン(ド・ヘス)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン)の演技と期待満開ラインアップの台本読み合わせ現場に続き、今度は「悪の花」を展開していく過程が盛り込まれたビハインド映像を公開し、7月の初放送がさらに待ち遠しい。

何より「自白」、「母なる証明」、「空港に行く道」などの名作の演出を立証したキム・チョルギュ監督の「この台本の最も大きな魅力はオリジナリティだ」という自信ある紹介で砲門を開き、目を引く。

「14年間愛してきた夫が連続殺人犯と疑われたら?」という破格的なメッセージで開始されるストーリーはベールに包まれた人物、予測不可能の展開、手に汗を握らせる追跡を予告した。

(2ページに続く)

  • イ・ジュンギ×ムン・チェウォン、7月水木初放送ドラマ「悪の花」期待感あふれる台本読み合わせ現場公開!
  • 「コラム」『無法弁護士』から『悪の花』へ!イ・ジュンギの七変化が楽しみだ
  • 「コラム」イ・ジュンギ!新作『悪の花』で極限まで研ぎ澄まされた日常が始まる
  • 「コラム」サスペンス&ラブの『悪の花』でイ・ジュンギの魅力が生かされる!
  • 2020.05.29

    blank