イ・ジュンギ×ムン・チェウォン、7月水木初放送ドラマ「悪の花」期待感あふれる台本読み合わせ現場公開!

「悪の花」が、イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌの熱演が際立つ台本読み合わせ現場と期待感あふれる黄金ラインナップを公開した。

7月初放送されるtvN水木ドラマ「悪の花」(脚本ユ・ジョンヒ、演出キム・チョルギュ)は、残な過去を隠して身分を変えた男ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と彼の過去を追跡する殺人刑事の妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、目をそらしたい真実の前に立った2人の感性追跡ドラマだ。「14年間愛してきた夫が血も涙もない連続殺人魔なら?」という衝撃的な話題を投げる。

本格的な開始を知らせた台本読み合わせ現場ではロマンスとスリラーを行き来する名演出のキム・チョルギュ監督と、安定した筆力で注目されているユ・ジョンヒ作家、そしてこれを200%の相性で完成させるイ・ジュンギ(ペク・ヒソン役)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)、チャン・ヒジン(ト・ヘス役)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン)を主軸に名俳優たちが総出動して息を合わせた。


まず、イ・ジュンギは、「視聴者の方々に長く記憶に値する作品となるように残したい」と抱負を、ムン・チェウォンも「良い作品に出会ったので良い演技を見せするために最善を尽くしたい」と熱意を表した。

(2ページに続く)

 

  • イ・ジュンギ、少年のような初々しい笑顔公開…”久しぶりのシルバーヘア”
  • 俳優イ・ジュンギ、にこやかな横顔に胸キュン…ドラマのワンシーンのような近況公開
  • 「コラム」『無法弁護士』から『悪の花』へ!イ・ジュンギの七変化が楽しみだ
  • 「コラム」イ・ジュンギ!新作『悪の花』で極限まで研ぎ澄まされた日常が始まる
  • 2020.05.18

    blank