BTS(防弾少年団)SUGA、ミックステープ「D-2」でiTunes80地域で“トップアルバム”チャート1位!!


グループBTS(防弾少年団)のSUGAが、約4年ぶりに発表した2番目のミックステープ「D-2」で、世界80ヶ国および地域でiTunes“トップアルバム”チャートのトップを席巻した。

SUGAのミックステープ「D-2」は23日(午前8時基準)、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、ポルトガル、スウェーデン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、日本、ペルーなど全世界80ヶ国および地域のiTunesの“トップアルバム”チャートで1位になった。

また、今回のミックステープのタイトル曲「大吹打」は、50ヶ国および地域の“トップソング”チャートで1位を記録した。 22日公開直後から全世界のファンたちに熱い反応を得ている。

SUGAは2016年8月、Agust Dという名前で最初のミックステープ「Agust D」を公開した。 当時飾らない歌詞と洗練されたメロディでSUGAのまた違った面を見せて注目をあびた。 SUGAは今回のミックステープでも収録された合計10曲の作詞、作曲に参加して過去と現在を生きていて感じるさまざまな感情を多様なジャンルの曲に溶かし込んだ。

タイトル曲「大吹打」は、韓国の伝統軍楽である大吹打をサンプリングして作った曲で、パンソリとドラなど韓国の伝統楽器に強烈で重たいSUGAのラップが加わって、より一層異色な雰囲気を醸し出す。 ミュージックビデオも、韓国伝統の美しさを生かした宮廷を背景に、雄壮な演出とSUGAの熱演が引き立っている。 歌はもちろんミュージックビデオも全世界のファンたちの好評を得ているなかで、公開して8時間でYouTubeの再生数が1000万件を突破する記録を立てた。

SUGAの今回のミックステープに参加した華麗なフィーチャリング陣も見逃せない。 BTSのRMをはじめ、シンガーソングライターのNiiHWAとアメリカのシンガーソングライターMAX、バンドNELLのボーカルキム・ジョンワンまで、それぞれ違ったカラーのアーティストが集まってSUGAとシナジー効果を出した。

RMは4番トラック「Strange」を通じて現時代の社会構造とシステムに疑問を投げて、5番トラック「だんだん大人になるみたい」に参加したNiiHWAはソフトな声でSUGAの低音と調和を作り出す。 MAXは6番トラック「Burn It」で実力を発揮して、曲に風変わりな魅力を加えた。 最後のトラックである「Dear my friend(どんなだろう)」というキム・ジョンワンの声が曲に溶け込んで余韻を残す。

 

  • BTS(防弾少年団)、5月のアイドル100大ブランド評判も1位オールキル…OH MY GIRL2位、EXO3位
  • BTS(防弾少年団)からSuperMまで…“アンタクト(非対面)”公演で世界トレンド導く
  • <トレンドブログ>「BTS(防弾少年団)」、日本4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7~THE JOURNEY~」新ビジュアルを公開(動画あり)
  • BTS(防弾少年団)V、自作曲がiTunes 82カ国1位…歴代K-POPソロ曲2位
  • 2020.05.23

    blank