韓国のバンド「コロナ」、新型コロナウイルスで被害…“改名も考えている”

「『コロナ』という名前の代わりに、『治癒』という名前がいい」

バンド「コロナ」が14日、メディアインタビューで、新型コロナウイルス感染症のために名前を変えるならどんな名前がいいかを悩み、こう発言した。

「コロナ」のボーカル、イ・インセは「治癒という言葉自体が、ハングルが綺麗なこともあって、意味もバンドが追求する音楽性とよく合うと思う」と話した。

「コロナ」でキーボードを担当しているイ・ジュンソプも「新しい名前をたくさん悩んだ」と「『治癒』という名前を推薦する人が多かった」と述べた。

「コロナ」のメンバーはバンドの名前を変更しなければいけないか心配するほど悩んでいた。「コロナ」でベースを担当するチョン・ヘグァンは「最初は新型コロナを深く考えていなかった」とし「少し厳しい冬の寒さやインフルエンザのように思っていて、ここまで深刻に思わなかった」と話し始めた。

しかし、「新型コロナによる社会的影響余波が大きく、ウイルスが全世界的に流行し、冗談で話すことができることではなくなった」とし「私たちの立場でも深く心配した」と続けた。

事実、バンド「コロナ」がこの名前を選択した理由は、ウイルスとは無関係だった。イ・インセは「太陽の周りにあるトゲのような部分を意味する光環もコロナという」と説明した。

(2ページに続く)

2020.05.19

blank