古坂大魔王、「虹のかけ橋」でJ.Y. Park(パク・チニョン)のニックネームを命名…「気軽に呼んで」

古坂大魔王、「虹のかけ橋」でJ.Y. Park(パク・チニョン)のニックネームを命名…「気軽に呼んで」

韓国を代表する音楽プロデューサー兼シンガソングライターのJ.Y. Park(パク・チニョン、パク・ジニョン)に新しいニックネームが話題だ。

現在、ソニーミュージックとJ.Y. Park率いる芸能プロダクションJYPエンターテイメントによるオーディションプロジェクト「Nizi Project」が進行しているが、日本テレビ系列ではスピンオフバラエティ「虹のかけ橋」が毎週金曜日の午前0時59分から1時29分まで好評放送中だ。

「虹のかけ橋」は、このオーディションの模様をJ.Y. Parkとあの“ピコ太郎”をプロデュースした古坂大魔王が文字通りプロデュース目線で見守るバラエティ番組。

今月8日に放送されたのは“Niziっ娘”と呼ばれるスター候補生たちの個人レベルテストの模様が描かれ、リマ、マリカ、モモカらがステージに挑戦する姿がフォーカスされた。

J.Y. Parkは一人ひとりのパフォーマンスを観察し、満足のいかない結果を残したリリアには「才能がある人が夢を叶えられるわけではない」としながら、「自分自身と戦って、毎日自分に勝てる人が夢を叶えられる」と檄を飛ばした。

またこのオーディションにはパフォーマンス以外にも練習態度などにも成績に反映されており、このシステムについてJ.Y. Parkは「過程が結果を作り、態度が成果を生むためだ」と説明した。

それにはJ.Y. Parkがこれまでの活動を振り返り、ある程度成功した後に自身が「アーティストとしていい影響を与えたい」という、後輩への強い思いがあるためだと解き明かした。

そんな説得力のあるコメントを残したJ.Y. Parkに対して、プロデューサーとしてシンパシーを感じた古坂大魔王は「J.Y. Parkさんというのもよそよそしい。もう少しお近づきになりたい」とニックネームを付けることを提案し、“パクっち”という意外なネーミングが登場した。

これを聞いたJ.Y. Parkは「パクっち、いいですね」と納得の笑みを浮かべ、進行役を務める日本テレビの森圭介アナウンサーを含め3人がそろって40代であることを指摘しながら「気軽に呼んでください」とコメントを残した。

番組放送後にはSNSなどを通じて“パクっち”が拡散されるなど話題に上り、大衆に親近感を与えている。

一方、新しいガールズグループを発掘するオーディション「Nizi Project」の模様は、動画配信サービスHuluや日本テレビ系の情報番組「スッキリ」などを通じて公開されている。

プロジェクトは個人レベルテストは終了しており、「虹のかけ橋」の次回ではチームミッションが課されたことが明かされ、“Niziっ娘”たちのさらなる成長と試練を予告した。

WOW!korea提供

  • ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」、Huluでオーディション番組「Nizi Project Part 2」を4月24日(金)から独占配信開始!! 「Nizi Project Part 2」配信開始を記念した新企画なども一挙解禁!!!
  • ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」、Huluでオーディション番組「Nizi Project Part 2」を4月24日(金)から独占配信決定! 日本テレビ4月クール、「Nizi Project」を追うオーディションバラエティ「虹のかけ橋」放送開始!!
  • ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」のオーディション番組、3月27日(金) 22時ついにパート1最終回!!
  • ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」のオーディション番組、3月6日(金) 19時からYouTubeでグローバル(世界)公開決定!
  • 2020.05.09

    blank