「三食ごはん 漁村編5」、第2回が最高視聴率11.9%を記録…“最高の愛”コン・ヒョジン登場効果も

「三食ごはん 漁村編5」、第2回が最高視聴率11.9%を記録…“最高の愛”コン・ヒョジン登場効果も

tvN のリアリティ番組「三食ごはん 漁村編5」が、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの本格的な島ライフと初めてのゲストであるコン・ヒョジンの登場で豊富な笑いと面白さを届けた。

今月8日夜9時10分から韓国で放送された「三食ごはん 漁村編5」の第2回はケーブル、衛星、IPTVが統合された有料プラットフォームで世帯視聴率が平均9.8%、最高11.9%を記録し、本格的な視聴率の上昇ムードを知らせた。tvNのターゲットである男女20歳から49歳までの世代による視聴率も平気6.8%、最高8.1%を突破し、2週連続地上波を含む世帯、ターゲット、男女10代から50代までの全年齢ですべての同時間帯視聴率で1位を獲得した。(有料プラットフォーム韓国全国基準、ニールセンコリア調べ)

同日の放送では小さな島で三度の食事を自給自足するために孤軍奮闘するユ・ヘジン、チャ・スンウォン、ソン・ホジュンの日常がユニークに繰り広げられた。カメノテ(亀の手、海鮮珍味)で作ったチヂミ、チャンチグクス(温麺)で腹を満たした3人はのどかな天気を迎えユ・ヘジンの船の試乗式に乗り出した。5年前、マンジェド(晩才島)時代から鯛を願っていたチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンは期待を込めて初の船上での釣りに挑戦したが、雷とともに周辺が急激に暗くなると安全のために家に帰った。

筌(うけ)も冷蔵庫も空っぽな状況の中で夕食のメニューに苦心した3人は結局サツマイモとジャガイモを選んだ。この過程でメニューだというサツマイモとジャガイモしかないが、レストランシェフに乗り移り「どう焼いて差し上げましょうか?」と注文を受けるユ・ヘジン、ナイフとフォークを用いて蒸し焼きにしたサツマイモとジャガイモを吟味する3人は多くな笑いに包まれた。時折行われる3人のコントとギャグ、息の合った完ぺきなタッグが際立った場面でもある。

番組の最後には初めてのゲストであるコン・ヒョジンが登場し注目を集めた。コン・ヒョジンは3人とともに島のあちこちをせわしく歩き回り、料理の実力発揮を予告し、次回に対する期待を高めた。視聴者たちもまた「『三食ごはん』が平日の疲れを吹き飛ばした」、「金曜日が待ち遠しい」、「少しだけ考えてくださいは流行語になりそうだ」、「サツマイモとジャガイモでこんなに笑えるとは」、「レジェンドコントの誕生」、「ずっと笑った」と楽しさいっぱいの3人の日常に爆発的な反応を見せた。

一方、tvNの「三食ごはん 漁村編5」は毎週金曜日夜9時10分から韓国で放送されている。

WOW!korea提供

2020.05.09

blank