韓国エンタメ界に活気戻るか 映画観客回復の兆し…アイドルも続々新譜

連休明けの6日から、韓国で新型コロナウイルスの感染拡大防止のための制限が緩和され、「生活防疫」(日常生活・経済活動とのバランスを取った防疫)に移行することで、これまで萎縮していた映画や音楽、テレビ業界も息を吹き返すかどうか注目される。先月30日の釈迦誕生日から今月5日のこどもの日にかけての連休を機に映画観客数は小幅に持ち直し、業界は客足回復に期待を強めている。K―POP界ではアイドルグループなどの新譜リリースが相次ぎ、テレビ業界も野外でのロケの再開へ動き始めている。

映画業界は少しずつ活気を取り戻しつつある。1日当たりの観客数は一時、過去最低となる1万5000人台に落ち込んだものの、連休直前の先月29日には7万人を上回り、連休初日の同30日には1カ月半ぶりに10万人を超えた。

封切りを先送りしていた作品も、次々に公開日を決定している。特に、3月には実質的な公開作品数が7作にすぎなかった韓国映画が公開日を巡り、駆け引きを繰り広げる見通しだ。

3月に公開予定だったソン・ジヒョ、キム・ムヨル主演の韓国映画「侵入者」(原題)は、今月21日の公開が決まった。行方不明になっていた妹(ソン・ジヒョ)が25年ぶりに家に戻ってきてから家族が少しずつ変わっていき、これを不審に思った兄(キム・ムヨル)が妹の秘密を追うというストーリーのミステリー・スリラーだ。

大人数が集まるため中止状態にあったマスコミ試写会も再開された。また、複合映画館(シネコン)大手のCGVとメガボックスは、新型コロナのあおりで休業していた映画館の営業を再開した。ただ、感染予防のため間隔をあけて座るといった措置を取る。

まだ新作がほとんどなく、劇場という密閉空間での感染懸念があることから、完全な客足回復には時間がかかると業界は予想している。

(2ページに続く)

2020.05.05

blank